2011年01月26日

カテナチオを破られるも内容のある死闘をPK戦で勝つ(日本代表 2-2 韓国代表)

アジアカップ準決勝 日本代表 2-2 (PK 3-0) 韓国代表

イランvs韓国の準々決勝は録画で見たが、
なんといってもパクチソンが素晴らしかった。

韓国代表は世代交代し、若い魅力的な前線の選手が、
ゴロゴロとでてきているが、
やっぱりパクチソンをどれだけ抑えられるかだと思っていた。

長谷部が良く対応し、他の選手も素早くヘルプにきて、
抑えていたとは思うが、押し込んでいた前半22分、
一本のロングパスがパクチソンに出ると、
2人で挟んだものの、今野のショルダーチャージを
全然現場に間に合っていない審判が、
パクチソンの「名前」に、影響されたか反則にとって
なんとPKの判定。

立ち上がりから飛ばして入った日本が先制を許してしまった。

しかし、今大会で理不尽な判定にも、
打ち勝って来ていた日本は、
これくらいのビハインドに対する免疫は充分。

な〜んて思いながら見ていられるなんて
なんと幸せなことだろう(^_^)。

得点からしばらくは、韓国選手がパタパタと倒れると
全部日本のファールになる悪い流れだったが、
前半36分に実に美しい同点ゴールが生まれた。

左サイドで本田圭佑が3人のディフェンダーひきつけ、
その外側を廻った長友への、
3人まとめて置き去りにする見事なスルーパス。

また長友が追いすがるチャドゥリを寄せ付けずに、
ゴールへ突進し、ゴール前で待つ前田へ
マイナスのパス。

これを前田がブロックにくるディフェンダーより
一瞬早く合わせてシュート、ゴ〜〜〜ル!!!!

チャドゥリの背後を狙うというプラン通りに
見事に決めたゴールだった。

この後、日本は良い流れで攻めたが、
得点を奪えず後半へ。

後半は韓国がサイドのスペースを埋めて来たことで、
韓国ペースとなったが、両者得点を奪えずに延長戦へ。

こっちは朝が早いのだから勘弁してほしかったが、
日韓戦は、死闘になるのが、やっぱりお約束だ(^^;)。

延長前半7分、岡崎がペナルティエリアぎりぎりで、
進路をブロックされたのを、
「これでおあいこ」みたいな判定でPK。

怒る韓国選手やサポーター達。
気持ちは解るが、この審判はこんな方なのだ(^^;)。

キッカーの本田はクウェート戦と同じように、
また真ん中に蹴り、キーパーに足で弾かれた。

しかし、こうなる事を予測していたような細貝萌が、
後ろの方からエラい勢いで詰めていてゴール!

綺麗なゴール+微妙な判定PK vs 微妙な判定PKで、
文句のない勝利になるはずだった。

しかし、カテナチオが伝統的であるイタリア人監督は、
あまり冴えなかった香川に代えてディフェンシブハーフの
細貝を投入していた事に加えて、
ディフェンスも攻撃もよーく頑張っていたFW前田に代えて
伊野波を投入し、専守防衛で逃げ切りを図った。

しかし、この後、長友を除いて皆が足が止まり、
サンドバック状態になってしまった日本は、
おそらく内田に代えて、FW季忠成を入れようとしていたが、
クリアに行ったキャプテン長谷部の足が、つってしまう。

そこで長谷部を降ろして本田拓也を入れたが、
終了間際、その本田拓也のファールからのセットプレーの
混戦からの韓国の怒濤の攻めに、起死回生の
同点ゴールを決められてしまった(>_<)。

急だったせいか、本田拓也の動きは状況にフィットして
いなかった印象でもあり、長谷部が、このチームに
絶対に欠かせない選手であることを再確認した。

PK戦にもつれ込んだが、ザッケローニ監督は、
一番手に試合中に一度は止められた本田圭祐を指名。

普通に右上隅に蹴り込み、続く岡崎も決める。
その間川島が2本続けてセーブ。
3人目は走り続けていた長友が、浮かせてしまい失敗するが
韓国が外してしまってリーチ!

ここで理不尽なファール判定をされた今野が、
キッチリきめて日本が勝利した。

ザッケローニ監督のキッカーの人選は、
フレッシュな選手よりも、ヘトヘトに疲れていても
キーとなる選手への信頼度の高さがうかがわれた。


今大会、中東開催であるにもかかわらず、ベスト4に
中東が一つも残れなかったことからも
韓国、日本、(オセアニアだが)オーストリアが
アジアの3強であることは間違いないことが示された。

決勝は残る3強の一角、オーストラリアとの対戦となった。

パクチソンの代表引退試合でもあった強い韓国を、
PK戦とはいえ、下して決勝に進んだのだから、
なんとしても優勝して欲しいし、できると思っている。


この試合では本田圭祐、長友、岡崎、前田が光っていたが
決勝ではエース香川の爆発に期待したい。

頑張れ!日本代表!!

posted by ばかぼん父 at 07:56| Comment(2) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素晴らしい試合でしたネ!
とても興奮して、
しばらく寝れませんでした。
試合後の本田選手のインタビューで、
顔色がとても悪かったのが、かなり気になります・・・
それと香川選手の骨折!
決勝に出場できない本人はとても残念でしょう・・・
とにかくここまできたら優勝してほしいものです!!
Posted by プレゼント at 2011年01月27日 01:04
香川の骨折はとても残念です。

柏木と本田圭祐に期待しましょう。

Posted by ばかぼん父 at 2011年01月27日 08:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アジア杯準決勝、日本PK戦で韓国に勝利!にからめて、.@yonda4 4047315192[世界紛争地図 角川SSC新書] 「世界情勢」探究会著
Excerpt: ←結局、最後は川島△ PK戦にまで持ち込む韓国の執念は感じましたが、ともあれ勝って良かったよ。 アジアカップ2011:準決勝【日本2(3PK0)2韓国】 【得点】 日本:前田遼一(前半36分)、細..
Weblog: ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2
Tracked: 2011-01-26 10:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。