2010年10月13日

「アジアの虎」に内容は完勝でも、決定力不足でドロー(韓国代表 0-0 日本代表)

前半早々に駒野が骨折してしまったように、
けっしてフレンドリーじゃない親善試合となった韓日戦。
日本も韓国もよく動く素早いサッカーで、
90分間、目まぐるしい展開だった。

アジア人のサッカーの形が、素早さと献身的な運動量を
活かすものであるという事が、定着してきたように思う。

身体は大きくても動きが鈍い、ヨーロッパの国相手の方が
日本も韓国も、相性が良さそうだ。

フィジカルと根性でキムチの国もがんばったが、
内容的には、立ち上がりこそ押し込まれたが、
日本代表の方が試合をコントロールしていたように思う。

しかし、守備から攻撃への素早い展開から、
本田や長谷部の惜しいシュートもあったり、
松井のクロスにペナルティエリアでハンドがあったり、
(The away で審判がスルー)したのだが、
ゴールまであと一歩の場面も何度も作り、
良いサッカーをすればするほど、
クローズアップされるのが「決定力不足」となる。

だけど今日もシュートを外してるし、最後の点のところは個人なんで、そこをもっと伸ばしていかないといけない。惜しい場面まではいくけど、そこから最後のところで崩し切れないってのはあった。ゴール前の冷静さは僕個人の課題でもあるし、日本の課題でもあると思います。

新チームに手応えを感じているキャプテン長谷部の言葉通りだ。

でも、決定的な瞬間で「落ち着いて」いられるかどうかは、
経験値の問題だと思う。
意識を高くもって、厳しい環境でプレーしていくうちに、
若い選手の中から、本田のように「落ち着き」をもった
プレーヤーが育ってくるんじゃないかな。

ザッケローニ監督の初陣から2試合で、再現性よく
良いサッカーをみせることができて、
選手にもファンにも「つかみはOK」の船出となった。

日本のサッカーが、ゆっくりと、でも着実に
レベルアップしてくれるような気にさせてくれる。

大いに期待して、これからの成長を楽しみにしたい。
posted by ばかぼん父 at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/165549144
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。