2010年10月08日

新生日本代表の素晴らしい船出、あとは決定力だけ(日本代表 1-0 アルゼンチン代表)

メッシ、テベス、イグアイン等のいるアルゼンチンに
なんと勝ってしまいました。

しかも真っ向からの攻め合いを挑んでの結果で、
新生日本代表にとって、これ以上ないスタートとなった。

初の国外でのベスト16と結果を出した南アフリカW杯が、
新生日本代表を誕生させるための「下積時代」だったように
思えるなあ。

岡田監督が採用した「専守防衛」から一変し、
FW登録の選手を4人先発させ、
積極的で早いシュートへの意識、
反則まがいのファールで倒されそうになっても、
踏ん張って、DFを引きずりながらでも突破を図る姿勢、
これまでの日本代表からは、見違えるほどの、
素晴らしいサッカーを見せてくれた。

W杯で試合に使われなかった森本や内田、
メンバーにも入れなかった香川ら若い世代が、
一気に主力となって、世代交代が進むと同時に、
見ていて面白いスペクタクルなサッカーへの変貌も
期待できそうなのが嬉しい。

いや、岡田前監督をくさすつもりはない。
大舞台でメンツを捨て、なりふり構わない必死な姿勢は、
考え方は別にしても、尊敬できる実行力だったと思う。

その豪腕によって押さえつけられた形になった
若い選手たちにとっては、大きくジャンプする前に
一度膝を曲げ、バネを利かせたようになったのではないか。

試合は前半19分、厚みのある攻撃から、
長谷部のミドルシュートをアルゼンチンのキーパーが
弾いたところに詰めていた岡崎が先制ゴール!

静かにガッツポーズを作るザッケローニ監督の横で、
喜び飛び跳ねる通訳。(なんかヘン^^;)

その後も攻守の切り替えが早く、何度もチャンスを作った。

贅沢?を言えば、前がかりになって攻めてくるところを
カウンターでもう1点欲しかったなあ。

特に終了間際の前田遼一の突進には「行け〜!」と
叫ぶほど興奮したのだが・・・(^^:)。

決定力不足さえ解消できれば、日本人の「素早さ」を
全面に打ち出した、目まぐるしいサッカーで、
十分世界と戦えるようになりそう・・・
と、思わせてくれたナイスゲームだった。

posted by ばかぼん父 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/165097209
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。