2010年07月13日

2010W杯閉幕と日本人らしいサッカー

スペインの優勝で2010 W杯も幕を閉じた。

CSを契約していない人にとっては、ダイジェストでしか観られなかった、
3位決定戦のノビノビとした攻め合いの方が、
どちらのチームにも肩入れしないで、
純粋にサッカーという競技として観ていた人でも面白かっただろう。

4位に終わったウルグアイから、美しいゴールを何本も決めた、
猛禽類のような顔のフォルランが大会MVPに選ばれたのも、
魅せるソフトとしてのサッカーを考えればとても正しいと思う。

だから私的には、勝負に拘る場面では、いくら有効な戦法といっても、
「堅守速攻のスタイル」が世界のトレンドになってしまうと、
観る分には面白くないので、スペインのパスサッカーが、
ドイツ、オランダを破って優勝してくれたことは嬉しかった。

カシージャスのロッベンとの1対1を止めたセーブが大きかったなあ。

さて、大活躍を見せてくれた我らが日本代表は、
「監督」というより「分析係」が適任だと思われる岡田監督が、
「『前から追え』と言われても無理」という、
選手達の切実な意見を急遽、取り入れる形で、
本田に頼った堅守速攻にシフトチェンジ。

この決断が、カメルーン戦での本田のゴールで、
思いっきり良い方へ出た。

でも、これもある意味、日本人の「ポリシーがない」
「小器用である」という特徴がでた「日本人らしいサッカー」と
言えるかもね。

しかし、「勝つ」という結果が出たことで、
選手達の気持ちを盛り上げ、チームをまとめ、
ベスト16という結果に結びついた事も確かだ。

この変節、いや、開き直り(^^;)は、
オシムさんでは無理だったかもしれないし、
「ベスト16」という結果も、
日本人である岡田監督でなければなかったかも知れない。

次期監督が、どのようなサッカーを目指すのかは不明だが、
ベースとなるJリーグを盛り上げるためには、
攻撃的なサッカーでなければ困るだろう。

しかし、少なくとも世界の舞台では、この成功体験から
堅守速攻のスタイルが、第一選択となるだろうね。
そのためには、少ないチャンスをものにできる
「決定力」をもったストライカーを育てなければならない。

逆に、思い切ってスペインのようなサッカーを目指すのなら、
子供の頃から、広い視野と相手をかわしてパスを通す感覚を、
磨くような、目先の代表監督選びではなく、長期的なビジョンが必要だ。

どちらも大変な事だが、日本人は「身を粉にして一丸となれる」
「なんでも器用にこなせる」という長所があることを、
再確認できたことで、将来展望に対して前向きになれた大会だった。

タグ:2010 W杯
posted by ばかぼん父 at 08:23| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/156208868
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ワールドカップ 大会mvp
Excerpt: イングランド代表!期待のエースFW♪ナイキ ルーニーアスリートボール商品価格:3,780円レビュー平均:0.0 [高校野球] 今大会のMVPは? 今大会の優秀選手(全日本選抜)が 次のように発表され..
Weblog: 最新!!日本のニュースを紐解く
Tracked: 2010-07-13 18:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。