2010年03月02日

「バンクーバー五輪編」の最後に日本男子を褒めよう

このところ、日本のスポーツは全般的に男子がふるわず、
女子は良く頑張っているという印象だった。(サッカーとか^^;)
そんな中、今回の五輪は、日本男子が良く頑張ってくれた大会だった。

スピードスケートの加藤条治選手は、
大会直前の練習でスタートの失敗が相次ぎ、
自ら「スランプ」と言っていた。

でも私は、大きな舞台の前に、このようなネガティブな発言ができるのは、
かえって「余裕」のように感じられて、4年間の成長を見せてくれそうだと思った。

1本目不利と言われるアウトスタートで3位だったので、
大チャンスだと思ったのだが、
2本目は力んでしまってタイムが伸ばせず5位に終わった。

しかし
4位とのタイム差はわずかに0.03秒という、
価値ある3位を確保して銅メダルを獲得した。


銀メダルに輝いた長嶋圭一郎選手は、
トップから0.24秒遅れの7位の1本目の後、
「こけてもいい」と開き直って、2本目の最速タイムをたたき出し、
通算2位で銀メダルを獲得した。

私は、このように勝負をかけ、さらに大一番で賭けに勝つ選手を
大いに尊敬する。


ノルディック複合の小林範仁選手も、一時トップへ躍り出る
積極的なレースを見せてくれた。
最後は足にきて止まってしまったが、勝負に対して果敢な姿勢にも、
完敗した後半の競技後の率直なコメントにも、大変好感が持てた。


服装や記者会見の態度で物議を醸したスノーボードの国母選手も、
雪の上では良いパフォーマンスを見せた。

トリノ五輪の時は「井の中の蛙、大海を知らず」の子供だった
国母選手に関しては、今季Xゲームにも参戦するなど、
世界の猛者と伍せるレベルまで認知されていた。
「子供」から「ツッパリ気味の若者」までは成長していたね。

決勝で大技の着地が決まらなかったが、勝負する気持ちは
充分に伝わってきた。


さらに私はノーマークだった
モーグル男子に、
楽しみな若い選手が現れた。
エアに関してはメダリストレベルに近いところまできている
遠藤尚選手だ。

男子のモーグルは、イカレたとんでもないスピードの中でも、
コントロール出来る選手が何人もいる戦国時代。
ということは、エアとスピードで優位に立ちたいところ。

今回の五輪では、まだ比較的スピードがでていない第一エアで
難しい技を行い、ミドルセクションでグーンとのったスピードを殺さずに
第2エアでは直線的なバックフリップをいれるのが、
上位へきた選手の流行だったと思う。

遠藤選手は既にこのパターンのエアを組み込んでいた。
後はラハテラコーチがいる間に、ターンの技術をもう一段階向上させれば、
まさか、ひょっとして、ひょっとするかも?って思わせられた五輪デビューだった。
(世界はさらに進化するかもだが・・・^^;)

最後に初志貫徹で4回転に挑んだ高橋大輔選手だ。
トリノでは転倒した後、「真っ白」になってしまったそうだ。

その反省を活かし、今回は「4回転で転倒した」という
シミュレーションまで行って挑んだ4回転ジャンプ。
残念ながら、転倒してしまったけれど、
その後の素晴らしい渾身の演技で、見事に3位を確保した。

今回の成績は、韓国や中国に比べると見劣りしてしまうけれど、
日本選手が大一番で最高のパフォーマンスを発揮できるか?

という事に関しては、「やれるじゃん!」と思わされたし、
大いに楽しめた五輪だった。


posted by ばかぼん父 at 18:34| Comment(0) | TrackBack(2) | ウインタースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

高橋大輔選手の銅メダルに貢献した人物
Excerpt: バンクーバーオリンピックも終わり選手達が帰国してきた。その中で私が注目したいのがフィギュアスケート男子シングルで銅メダルを取った高橋大輔選手だ。高橋選手はどうしてメダルを取れたのか?もちろん本人の才..
Weblog: 愛国を考えるブログ
Tracked: 2010-03-02 19:10

日本は「韓国」になる必要はない
Excerpt: バンクーバー五輪では韓国の躍進が目立ちました。 特にスピードスケートでは500m男子・女子、アジア勢で初めて制した男子10000m、3種目を制覇。 お家芸でもあるショートトラックでは2種目を制覇し、極..
Weblog: けいいちの日記
Tracked: 2010-03-02 23:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。