2010年02月27日

二人の天才少女に大きな差がついてしまった(バンクーバー五輪・女子フィギュア)


やっと本業の方の一難が去ったので、ボチボチと復活します。
そろそろプロ野球もオープン戦も始まるしね。

でもその前に、様々な種目で、いろいろ考えさせられることが多かったバンクーバー五輪から。

女子のフィギュアはキム・ヨナが完璧な強さを見せて優勝した。
浅田真央は、トリプルアクセルを史上初めて3度成功させるという
アスリートとしての大偉業を達成したが、得点としては、はるかに及ばなかった。

とにかくキムヨナは演技のみならず、全てにおいて完璧だった。

年齢制限にひっかかってトリノ五輪に出場できなかった4年前は、
浅田真央が実質上の世界一だった。

キムヨナは「トリプルアクセルが跳べなきゃ真央に勝てない」と
身体に巻き付けたロープをコーチに引っ張ってもらって、
コマ回しのように回転するトレーニングの映像を見たこともあった。


トリプルアクセルを学ぼうとコーチに選んだのがブライアン・オーサー。
しかし金メダルと銀メダルの大きな差を身をもって知るカナダ人コーチは、
「金メダルを穫りたいのならトリプルアクセルを捨てろ」と指導したのだ。

キムヨナのスコアがこれ(クリックで拡大)。
KimYuNa1.gif
浅田真央のスコアがこれだ(クリックで拡大)。
Asada1.gif
真央のトリプルアクセル+ダブルトゥループが、
基礎点(Base Value) 9.5+出来映え (GOE)0.2で9.7点。
ヨナのダブルアクセル+ダブルトゥループが、
Base Value 7.5+GOE 2で9.5点。

難易度では天と地ほどあるダブルアクセルとトリプルアクセルの違いが
たったの0.2点しかなくなっているのだ。

4回転に挑戦した高橋大輔のように、アスリートとしては
難易度の高い技に挑戦したいというのは自然な気持ち。

キムヨナの助走スピード、高さ、完成度の素晴らしさに、
称賛する気持ちはあっても、ケチをつける気は全くない。

しかし、成功するか失敗するかギリギリの技に挑戦すると
GOEは期待できないので、得点にはならないわ、
ミスをして大きく減点されるリスクもありハイリスクローリターン。
私はこの採点方法は、誰も難しい技に挑戦しなくなる方向へ誘導し、
競技全体の魅力にとっては、けっして良くはないと思う。
Base Valueの見直しは必須だろう。


しかしコーチは、選手に良い成績を上げさせることがお仕事だ。
選手のモチベーションや希望をいれながらも、
「勝つため」には、現行の採点方法に最適化した戦略をとってこそプロだといえる。


プログラムの構成や衣装や振り付けもチーム・キムヨナの方が素晴らしかった。

今回のプログラムでの私の好みはショートではキムヨナの「007」、
フリーでは鈴木明子の「ウエストサイドストーリー」だった。

素人であり、高尚な趣味もセンスもないのでね(^^;)。

でも、観ていても楽しい気持ちになる方が、
またトリプルアクセル等、大技に成功した時に
自然と笑顔やガッツポーズがでてしまっても違和感のない曲の方が、
選手にとっても伸び伸びと出来たんじゃないかな?

ちなみに印象点の方は、キムヨナがこれ(クリックで拡大)。
KimYuNa2.gif
浅田がこれ(クリックで拡大)。
Asada2.gif
どちらもクラシックのマニアックな?曲を選び、
敢えて難しい曲に挑んだ真央ちゃんだが、
曲の解釈においてもキムヨナに及ばずだった。


女性の場合、体型を維持しつづける事は至難なこと(ていうか無理)。
キムヨナにしても浅田にしても、高いジャンプや、
高難度のジャンプができるのはこの年齢までかも知れないのだ。


日本の国のスポーツに対する強化の考え方の本気度の低さ、
指導者の選び方の甘さを感じたなあ。

なんだか選手の努力レベルではないところで、勝負がついた感じがして、
浅田真央が可哀相と感じてしまった五輪フィギュアだった。

posted by ばかぼん父 at 09:19| Comment(2) | TrackBack(1) | ウインタースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。通りすがりのものです。

今回は主観による採点の理不尽さを大変感じたバンクーバー女子フィギュアでした。

もちろんノーミスのキムヨナ選手の金メダルには納得です、フリーでは必ずミスをするキム選手があの重圧の中初めてノーミスの演技をしたのは、全くもって予想外でした。おそるべき精神力だと思います。

そしてそれまでなかなか決めることの出来なかった3アクセル×2をあの重圧のなか決めた浅田選手もまた強靭な精神力です。きっと彼女は過去の実績から決して今のシステムが自分に有利でないことは知っていた。でもほんの一握りの可能性でも大技を決めてノーミスですべれば、逆転できるのではと最後まで信じきった意志の強さに感嘆しました。

しかし、着氷に乱れがあった浅田選手とキム選手を比べても説得力はないですが、キム選手と同じくノーミスだった長洲未来選手はキム選手とフリーでは25点もの差がありました・・・ジャンプの難易度も5点くらいしか変わらず、スピンやスパイラルは柔軟性のある長洲選手の方が優れているはずですが。

またプライベートでも仲良しと言う銅メダルのロシェット選手と安藤選手。ふたりともエッジのエラーもなく、回転不足の少ない優れたジャンプを跳べる選手として有名です。今回、安藤選手はノーミス、ロシェット選手はやや着氷が乱れましたが、ショートの点差が7点、フリーの差が6点と大幅に開いていました。

何だか勝たせたい選手の得点だけがインフレするような印象はぬぐえませんでした。

何度もいいますが順位に関しては異論はありません。(ロシェット選手より長洲選手か安藤選手が表彰台に上るべきかと思いますが、それは3選手とも僅差だと思います)

不利な状況にもかかわらずひたすら前向きにがんばった浅田選手、安藤選手、鈴木選手、(そして中野友加里選手)みんなにありがとうと言いたいです。
Posted by たすく at 2010年03月06日 01:04
to たすくさま

コメントありがとうございます。
まさに、おっしゃるとおりの印象でしたね。

キムヨナ選手の演技は女優としても完成されていると思わせられるほどの完成度でした。
男子のプルシェンコにライサチェックが勝った時に、この五輪の採点基準が明確になって、
キムヨナが負ける可能性がほぼ無くなったと言えます。

だから、キムヨナは自信をもって演技できただろうから、さらにミスの可能性が減り、
好循環になったと思います。

その演技の直後に、ここ一番で出来る限りの力を出せた浅田選手はホントに素晴らしかったと思います。

出来栄え点は印象点なので、好き嫌いの比重が高いのが、今の採点方法ですね。
Posted by ばかぼん父 at 2010年03月08日 05:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142275133
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

バンクーバー冬季五輪 フィギュアスケート女子 金:キム・ヨナ 銀:浅田真央 銅:ジョアニー・ロシェット
Excerpt: キム・ヨナの点数が高すぎることはともかく、金メダルには納得。真央ちゃんって呼ばれている時点でまだまだ、せめてあさちゃん(爆)と呼ばれるようにならんと(自爆)というかノーミスだったとしてもキム・ヨナを逆..
Weblog: ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2
Tracked: 2010-02-27 09:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。