2010年02月05日

朝青龍は指導者に恵まれなかったな

昨日、横綱朝青龍が引退を発表した。

これについてはやむを得ないと思う。
もし朝青龍本人が「引退」と言わなかったとしたら、
組織としては解雇までしないといけなかったと思う。

しかし、私的には朝青龍の引退は、
とてももったいない事だと思う。

私はアンチ朝青龍でも、朝青龍擁護派でもない。
でも、朝青龍の相撲は好きだった。

曙と若貴の時代、曙の巨体に対抗するかのように、
貴乃花の身体が驚く程大きくなっていった。
狭い土俵の中で戦うには身体の大きさというのが、
ものをいうので、こんなものなのかと思っていた。

しかし、朝青龍は小さな身体で、抜群の運動神経と
スピードで、大きな力士を投げ飛ばしたのだ。

逆に、土俵上で朝青龍に翻弄される、大きな力士達が
とてもどんくさく見え、スポーツではなく、
単なる興行をしていたところへ一流のアスリートが乱入すると
こうなるという、一種革命的な新鮮さを感じた。

相撲はもともと豊作祈願の神事から、
一般人より大きな身体をした人が相撲をとってみせる興行と
なってきたもの。

神事なら八百長だってOK(わざと1勝1敗にする地方がある)だが、
興行となると、「お客さんが喜んでなんぼ」の世界。

大相撲というものの捉え方は、時代に合わせて変化してきたと思う。

今は、八百長撲滅で真剣勝負、でも相撲道としての礼儀も大事だよって、
感じかな?

「横綱に対しては立ち合いの変化は失礼だ」ということも、
昔は常識でも、今は公平なスポーツとしての真剣勝負として、
アリになっているのか、どうなのか?

土俵際でダメを押すのが、敗者に対する冒涜となるなら、
「もう負けました」のところから、さらに逆転を狙うのは良い事なのか、
手抜きとしてみられるのか?

ようするに、「日本人の大相撲観」というのは、
とてもわかりにくいものなのだ。

朝青龍は手探りで変化をしつつある「興行としての大相撲」に、
純粋にスポーツとしての別の競技を「空気を読まずに」
体現していた。

そのために、文化人や有識者から敵対視され、
そのストレスは大変なものだったと思う。

アスリートとしては一流だが、ある意味「単純バカ」な
朝青龍に、日本人でも明解に説明できないであろう、
「相撲道、現代バージョン」を押し付けるのではなく、
「それはそれ、これはこれ」と上手く、したたかに
相撲界で世渡りしていけるように指導してやって欲しかったなあ。

朝青龍の相撲がない大相撲は、見る価値として私的には
レベルがグーンと下がるのは間違いないのだ。

posted by ばかぼん父 at 08:04| Comment(0) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140288666
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

せっかくMS-IMEが「朝青龍」と一発変換できるようになったのに・・・
Excerpt: 引退でつかorz この報はTwitterのTL(タイムライン)上で、TVのNews速報の画像を貼り付けた「速報!朝青龍引退」というツィートを発見して、最初に知りました。それをネット系のニュースで確認..
Weblog: ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2
Tracked: 2010-02-05 08:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。