2010年01月11日

MLBとNPBの問題(プロ野球新人選手が環境を選ぶ権利とドラフト制度)

この記事は「プロ野球新人選手が環境を選ぶ権利と
ドラフト制度の前置き」の続きです。

前置きを読んでくれた方は「矛盾」を感じられたと思います。
難しい問題なので、各論に分けて私の考えを書いていきます。

[MLBとNPBの問題]

NPBならドラフトでのくじ運にかけなきゃいけないのに、
MLBなら希望球団を選べる。
 
さらに契約期間が終われば自由契約(FA)になれるので、
他球団の欲しいと思ってくれるような選手になっていれば、
FA取得まで時間がかかるNPBより随分有利だ。
 
「言葉の問題はあるけれど、MLBを選ぶ方が良い」と、
考える選手がいても無理はない。
 
 
どうすべきかと言えば、私は、あえて
「MLBのドラフトに日本のアマチュア選手もかけよ」
と言いたい。

下部リーグのキャパシティが大きいMLBは、
アメリカの国内選手を(だけかどうかは定かではないが)
毎年1000人以上も指名しているが、完全ウエーバーで
戦力均衡を(一応)維持しようとしている。

その枠以外である日本の選手は、優秀でありながら、
日米間の問題はあるものの、
自由競争で獲得のチャンスがあるのだ。
これはMLBにとっても「抜け道」であると言えるだろう。

MLBもNPBもドラフトを実施している以上、
選手の希望というより、ドラフト制度を遵守するところから
始めたい。

具体的にはMLBが先にドラフトの指名枠を使って、
一球団のみが交渉権を獲得する。
それから日本の球団によるドラフト指名を、
MLBによって指名された選手を含めて行う。

つまり、選手によっては日米からそれぞれ1球団ずつ、
2球団から交渉を受け、そのどちらかに入団することを
選択するのだ。

これから日米間で「グローバルワールドシリーズ」のみならず、
様々なことが話し合われる必要があるが、
この新人選択のシステム作りも緊急性の高い懸案事項だ。

また長くなりましたので、続きにします。
次回の各論のテーマは[戦力均衡の形]を予定しています。

posted by ばかぼん父 at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | オピニオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。