2009年12月10日

阪神タイガース赤星選手が引退を発表

TVでもセの試合は滅多にみないのだが、たまたま9月12日の
赤星選手の最後のプレーは見た。

福原がピンチで気持ちが逃げたような投球に終始する、
ヘタレた試合の中の打球に、一種、場違いな「違和感」すら感じさせた
赤星のダイビング。
その後一人では立てず、抱きかかえられてベンチへ戻るのを見た時、
「赤星が終わってしまった〜!」と、声に出してしまった。

本人は復帰しようと、最後まで努力していたようだが、
頸椎ヘルニアよりも、不随になる危険が高い「中心性脊髄損傷」
という診断もあって、気持ちの整理をつけたうえで、
時期外れの電撃的な引退発表となったようだ。


赤星選手は、ひた向きに、常に全力を出してプレーするスタイルで、
一言で言えば「スピリット」を感じさせる選手だ。

「身体をかばってのプレー」を余儀なくされるのであれば、
彼自身が言うように、「『プロ野球選手・赤星』の存在意義がない」と
いうのはとても理解できる。


阪神タイガースにとっては、「貴重な」というか、
唯一無二のスピードタイプのレギュラーだった。

しかし、こんなに早く現役を終わってしまった今、
私に言わせれば、指導者に恵まれなくて残念だったと思う。

赤星が考える野球と5年もやった前監督の考えは明らかに異なっていたと思う。
その結果なのかどうなのか、盗塁にしても、「敢行すべき時」には私には不満だったし、
ファールで粘る姿勢にしても、
いかにも「ファールしか打ちません」というのは違うだろって思ってた。

スピリットはとっても素晴らしい選手だっただけに、
選手・赤星をさらに良い方向へ導き、もっともっと高いレベルに
引き上げられそうな指導者は他に居たよなって思う。

今季監督が変わって、「機動力」を前面に出してもらって、
自らチームメートの指導も始めるほど、
少なくとも「赤星自身の哲学」は表現できそうになったら、
今度は大けがってなあ。

何よりも「もったいなかった」というのが、私の赤星引退への感想だ。


まずはしっかりリハビリをして、自分の身体とのつきあい方を理解してから
指導者への道を進むのだろうが、
北海道日本ハムとか、埼玉西武とかに、コーチに雇ってもらって、
自分の哲学と他者の考え方の違いを理解するところからしっかりやって、
名コーチ、名監督を目指して欲しい。
(良い指導者になるのは、千葉ロッテででも良いよ^^)
posted by ばかぼん父 at 07:58| Comment(0) | TrackBack(2) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

日米首脳会談、要請もできず
Excerpt: 迷解!スポーツ観戦記: 阪神タイガース赤星選手が引退を発表 「観るスポーツは、面白くなくっちゃいかん」し、「面白い」と思うものを応援したい。 地元である千葉ロッテマリーンズをちょっと贔屓しながら戯言..
Weblog: 当世諸々浮き世話
Tracked: 2009-12-10 08:11

赤星引退続報
Excerpt: 昨日赤星引退のニュースを知って、急遽エントリーをUPしたのですが、その続報を (Ser.4428) 【記者会見動画 via ABC】 阪神タイガース 赤星選手引退・矢野選手契約更改 NEWSゆう+ 【..
Weblog: ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2
Tracked: 2009-12-10 08:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。