2009年12月04日

「トランポリン」って何?(スカパー!オシム会見)

オシムさんが2010年南アフリカW杯大会を中継する、
『スカパー!」のオフィシャルコメンテーター就任会見のために
久しぶりに来日した。

その会見の中の言葉がこれ
日本代表について「(本大会で)サプライズを起こすためには、トランポリンのようなものを使って大ジャンプをする準備をしなくてはならない」と独特の言い回しで表現。
ようするに今の状態ではダメって言ってるんじゃないの?(^^;)

是非、その「トランポリンのようなもの」にあたるものの具体例を、
すかさず質問して欲しかったなあ。

でも「そんなことは自分たちで考えろ!」って、怒られるだけか。(^^;)

いよいよ日本時間で今夜の夜中に2010年南アフリカW杯の
予選グループの組み分け抽選が行われる。

フランスとポルトガルがシードを外れたので、
「死の組」がどこかに必ず存在するわけで、
4年に一度のW杯の一観戦者としては抽選は楽しみ。
(明日も朝が早いのでliveで見るほどではないが^^;)

スペイン or ブラジル、ポルトガル or フランス、カメルーン、
オーストラリア or アメリカ or メキシコが同じグループになったら、
そのグループは全試合見たいなあ。

日本の対戦相手については、実際決まってからで充分。

というのは、中南米とオセアニアがアジアと同じポットに入った時点で
勝てそうな相手は同じグループに絶対に来ない事が確定している。

南アフリカの組を除く、どの組でも決勝トーナメントへ進むのは、
至難の業であることには変わりがない。

つーか、日本の目標はベスト4だろ。
ということはシードされているレベルの国を少なくとも2カ国破ると
いうことじゃないか。

そこに目標を置いている以上、日本にとっては「死の組」なんて
存在しないはずなのだ。(^^;)

日本人による、日本人らしいサッカーを世界の舞台で表現するのなら、
1回は負けられるグループリーグのうちに強豪国と対戦するほうが、
戦いやすいんじゃないかな。

posted by ばかぼん父 at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | オシムの追っかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134656055
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。