2006年02月13日

日本のこどもたち、大海を知り、縮む(スノーボードハーフパイプ)

コーチが言うには「史上最高の4名で、これで負けたら仕方がない」と
思えるメンバーだったらしい。
五輪前に選手へのインタビューもときおり放映されたが、
その受け答えは「若い競技者」ではなく、
「子供」そのもの。知性?も真摯さも感じられなかった。
「井の中の蛙、大海を知らず」という印象を受けていた。

前回五輪も今回もアメリカのメダリスト達は、ワールドカップへは参戦していない。
何をしているのかと言えば、「Xゲーム」という
10万ー20万ドルのビッグな賞金レースで戦っている。
 
X ゲームというのは、NHK-BSで時折放送される、
ローラースケートや自転車、ボードなどで、手すりや台など
いろいろな障害物があるコース内でパフォーマンスを競うような、
観客に見せる事を主眼においた競技(ゲーム)だ。

中には自転車で雪山を「ヨーイドン」で下るような、
こいつら「イカれている」と思うような競技もある。

スノボーのハーフパイプは見た事が無いが、
ローラースケートのハーフパイプでは、安床兄弟のように
日本人も参戦しているものもある。

ハーフパイプは「位置エネルギーと運動エネルギー」をやりとりしながら、
パイプの中を下りながら左右に飛ばされながら、何度もパフォーマンスをする競技。

最初に出て行った時は、だれでも高くは飛べる。
空中での演技には差がないだろう。
しかし、きっちり着地しないと、スピードが殺される。
一度スピードが殺されると、二度と加速はできない。
エネルギーを温存しながら、数多くのパフォーマンスを見せるために、
演技の構成、着地のスキルで差のつく競技。

シーズン中に何試合もあるワールドカップで、たまたま着地が
上手く行って運良く優勝したところで、
メダリストのような、実力者達がいない中での話。
プロ野球で言えば、オープン戦前半で、活躍したようなもの。

彼らが、レベルアップを望み、本気で4年後でリベンジを誓うなら、
まず「子供」から「大人の競技者」になることだ。
技を磨き、「Xゲーム」に参戦し、
その中でそこそこの好成績を上げられるように
なるというような「わかりやすい目標」に立ち向かうことだろう。


さて、トリノでの、ここまでの日本人選手の結果は
「不調」でもなんでもなく、各選手の実力通り。

今夜は男子スピードスケート500m。
こどもたちではなく、「競技者」が出場する競技だ。
かつて「筋肉の声が聞こえる」と語った清水宏保と、
彼が自ら「教えたい」と思った、
清水自身の10年後に現れた「10年に一人の選手」である加藤条治。

スケートは、世界記録保持者が必ず勝てると言うようなものではないので、
「絶対、金メダル!」とまでは思わないが、
日本人としては、ここで良い思いをしとかないと、
日本経済にも悪い影響がでるかもしれませんね。(笑)
posted by ばかぼん父 at 12:08| Comment(2) | TrackBack(1) | ウインタースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スノーボード・ハーフパイプをじっくり観たのは、今回が初めてでした。「オリンピックのアスリート」という言葉の響きとは異質の、21世紀型スポーツですね。いや、スポーツという分類さえも怪しい。これはこれで否定はしないけれど、それならいっそ、ジャグリングもリフティングもパイプの板に乗ってバランスする大道芸(名前が思いつかない・・・)も、この際、全部オリンピック種目にしてしまえ!(笑)

日本選手が実力を発揮できなかったという解説は適切ではない気がしました。本番で使うまでの完成度に至らないにもかかわらず、強引にやって、失敗して、実力が発揮できなかったというかんじ。それに引き換えアメリカ選手の安定感は図抜けていましたね。
Posted by いわほー at 2006年02月14日 18:19
>いわほーさま

女子は子供以外は、決勝へ残りましたね。
レベルの差を考えれば、自分のできることはやりました。とても戦えるような差ではなかったけれど。

>いや、スポーツという分類さえも怪しい。

そう思うでしょ(^^;)
あれが良いなら、夏季五輪でも、スケボーやローラ−スケート、自転車の曲乗りでもOKのはず。(笑)
冬季は、種目数が少ないからなのでしょうが。

あの手のは、アメリカ人のためのエンターテイメント「ゲーム」です。しかし、どんなイカレたスポーツでも高いレベルまで極める奴が出てくるのが、アメリカという国。

それを子供がカッコだけマネしたようなレベルでは、いかんともしがたい。これは前回の五輪でも解っていたはずなんだけどなあ。
Posted by ばかぼん父 at 2006年02月14日 18:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

スノーボードのネタ
Excerpt: スノーボードのネタを追いかけるヨ!
Weblog: ネタ蔵スポーツ
Tracked: 2006-02-13 13:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。