2006年02月12日

モーグルはエアリアルではない。

いよいよトリノオリンピックが始まりました。
これぞイタリアの集大成といった開会式から一夜明け、
競技が始まりました。

日本の選手にはもちろん頑張ってもらいたいが、
普段あまり見る機会のない各競技の世界最高峰レベルが楽しめるのが、
冬季オリンピックの醍醐味だと思っている。

モーグルはターンの技術が50%、スピードが25%、エアーが25%で
採点される。
ターンの技術とスピードは表裏一体なので、コブ斜面のすべりで75%を
占める競技といえる。
 

優勝したハイル選手は、予選から別格の滑りで「ものが違う」。
フォールラインに対する板の角度から他の選手と違っていた。
ターンを見ていて「鳥肌がたつ」レベル。
その分、エアーで3D(コークスクリュー720)など、
着地で乱れるような難度の高いワザを入れていない。
それがかえって武器であるターンを「きれいで速い滑り」にするために
リスクを減らしている。

2位になったトロー選手も第一エアで3Dをもってきたが、
ターンの技術が優れており、
この2人がワールドカップポイントでも1,2位の実力者。
トローは予選ではわざと慎重にゆっくり滑り、決勝での滑走順を
前の方へ持ってきた。(滑走順は予選順位の下位から)
決勝で先に滑って高得点をたたき出し、他の有力選手に
プレッシャーをかける作戦だった。

上村選手は、宙返りが解禁になって、いち早く3Dに取り組み、
第2エアーで確かに高さのある完成度の高い3Dを決めた。
第1エアーまでは、スピードに乗れず、ターンで迫力を欠き
24点台の前半に留まった。
上村愛子選手は実力を出したと思うが、惜しくも5位に終わった。

ターンとスピードといえば里谷多英(だった)。
彼女が選んだ第2エアーはフロントフリップ。
これは成功すれば、スピードを落とさずフォールラインへ
向かえるが、決勝で使ったのは2人しかいない安定度の低い技。
すべりも迫力を欠いた上、残念ながら着地で乱れてしまった。

ヘリコプターとバックフリップという皆が良く使う技にとどめ、
あくまでターンの技術とスピードで勝負した選手がメダルの獲得に
繋がった。
posted by ばかぼん父 at 09:53| Comment(3) | TrackBack(3) | ウインタースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
上村選手には期待したが、「飛び道具」だけではメダルに届かないということですね。メダリストたちを見る限り、基本のすべり(ターンとタイム)という部分で超えがたいものがありました。今の時点の実力では、メダルを期待するほうがムリでしたか。でも、応援したくなるキャラです。

頑張れ、愛ちゃん!(って一杯いすぎて、誰やねんってとこですね。^^)
4年後は4位をめざせ!
Posted by いわほー at 2006年02月12日 13:38
小学校のころ,校庭に2センチくらい雪が積もったのが十何年ぶりで珍しく,全校通常授業をやめて雪で遊んだというような土地の生まれなので,ウインタースポーツは全く経験もなくどうもよく分かりません。「ペアジャンプ」って競技がほんとにあるのかと思っていたくらい(まさか)。でも,今日の記事を読んで,予選から決勝への駆け引き,ルールと技の表し方などたいへん興味深く,できるだけ競技を見てみようという気になりました。またよろしくお願いします。
Posted by おかぼん at 2006年02月12日 14:36
男子ハーフパイプは決勝進出なしと、アメリカの新聞の日本のメダル予想(1個)ペースに近づいてきました。(^^;)

>いわほーさま
モーグルの決勝では結局、どこかで「イッちゃう」というか、開き直るというか、「紙一重の勝負」をしないと、なかなか勝てないように思いました。
上村は3Dにとらわれて、前半が消極的になり、ターンとスピードでポイントが伸びませんでした。
ちょっと「真面目なお嬢さん」過ぎか?
その点で、「ぶっ飛ぶ」里谷の方に期待してましたが。
人間的には愛ちゃんの方が好みですがね。(^^;)

>おかぼんさま
モーグルは、やっぱり男子の方が凄いです。
(日本人の有力選手はいませんが)
男子の場合、ターンは皆凄いので、エアー勝負になりますが、女子はターンで差があるようです。

ワールドカップには、2人同時に滑ってトーナメント戦で戦うデュアルモーグルがあって、隣の選手にプレッシャーをかける駆け引きが面白いのですが、残念ながらオリンピックでは採用されていません。

なかなかオリンピックでもないと、スキーやスケート競技をみることもないのですが、今大会は10年位前から出ている選手が、驚くほど日本も海外も大勢出てますね。
Posted by ばかぼん父 at 2006年02月12日 22:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13173076
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

モーグル愛子、残念。
Excerpt: 今回のモーグルを観ていて感じたのは、エアリアルではなくタイムなのだと。 華ではなく、なんていうんだろう。・・・結果というか・・・。 あぁこの競技は魅せるものじゃないんだなって。 それが目で観て解って、..
Weblog: Happy Style!!
Tracked: 2006-02-12 13:50

残念!上村愛子メダルに届かず5位、里谷多英は15位。でも。。。
Excerpt: 女子モーグルの日本代表選手ってほかにもいたんだ。。。 ↓ 初出場の伊藤みき(近江兄弟社高)は、スタート直後からミスが続き20位に終わった。畑中みゆき(佐川急便)は予選落ち。<スポーツナビ 2006年..
Weblog: 新・阪神優勝、巨人最下位
Tracked: 2006-02-12 14:02

トリノオリンピック:女子モーグル
Excerpt: トリノオリンピック始まりましたね。^^ 初日から、注目だった女子のモーグルが開催されていたので、朝まで起きて見ていました。 前回、前々回と同じくメダルの期待は、上村愛子選手といろいろありま..
Weblog: Mumble ?? 全力疾走KENのつぶやき
Tracked: 2006-02-12 22:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。