2009年03月23日

ナイスゲーム!アメリカを一蹴し決勝進出(日本代表 9-4 アメリカ代表)


まず2回裏のノーアウト1塁からのヒットエンドラン、
これはとてもグッジョブだった。
結果的に成功し、同点に追いつくチャンスメークとなったが、
仮に失敗していたとしても、同じようにグッジョブ!と書いただろう。

ほとんど対戦のない相手と戦う時、相手の監督の性格や
選手のプレースタイルの特徴なんて、わからない。
まず、相手に「何をするのかわからない」と
思わせるために、試合開始早々から仕掛けることが、
後の攻めの「布石」となるのだ。


原監督は試合後の会見で、
「1カ月ちょっとたって、チームというものが進化した。戦術のバリエーションが増えた。それがビッグイニングをつくった原因。
と、語ったが、チームは最初から多彩な攻撃のバリエーションが
可能なメンバーが集まっている。
ただ、監督が、これまで何もしなかっただけだ。
それが、ここへ来てフツーに機能し始めたということ。

もし、川崎宗則を最初から使っていれば、監督がアレでも、
必要なことを自発的にやってくれていただろう。
それは最初の打席でセーフティバントを選択するセンスが
もの語っている。
これはファインプレーに遭ったが、8回にジーターの悪送球を誘発した。

4回の集中打は、アメリカがエンドランを嫌がり
カウントを悪くしたくないので、ストライクをストレートで
取りにくるところを狙い打ったもの。
連打にエラーが重なり、交代機も遅れるほどのパニック状態。
チョロイねアメリカ、大したことないぞMLB。

ESPN の記事で、やれ監督の采配ミスだの、
ジョンソンは星野と同じで監督にしたのが間違いだの、
ジーターはDHだっただの、と、大変楽しい状況だ(根性悪^^;)。

(米国野球を)追い越したとは全く思わない。ただ、どこかで認めてくれる存在になったかなとは思う」

というのは「優等生」過ぎの発言だなあ。

「日本人には『ミスを恐れずにやれ』と言いたいが、
MLBの方々は、もっと「ミス」を恐れた方が良い」とか、
MLBはBaseballに対してもっと謙虚になるべきだ、
くらいのことを言って、挑発して欲しかったな。(^^;)

さて、真剣勝負の2試合目、通算5試合目の日韓戦。
韓国に「初回のヘッスラ攻撃」という手の内を見せてもらった分、
日本が有利だろう。
しかし、まだ金寅植監督が日本をうろたえさせるような
別の奥の手を持っていたら、それはそれで称えたいと思う。
posted by ばかぼん父 at 18:58| Comment(0) | TrackBack(1) | WBC・野球代表戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

3/23 WBC準決勝第2試合:日本9対4米国~次は世界一をかけて韓国と5度目の対戦へ!【AFPBB Newsの追記あり】
Excerpt: 昨日、甲子園の試合が雨天中止だったので、慶應(神奈川)-開星(島根)とWBC準決勝:日本-米国戦の時間がかぶる心配をしなくても良くなって、TBS(WBC)の方に専念。 CMの合間にNHK(選抜)を見..
Weblog: 阪神タイガース世界一への道~あさちゃん。スポーツ
Tracked: 2009-03-24 05:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。