2009年03月20日

勝たなくても良い試合で、やっと「野球」らしい展開ができた(韓国代表 2-6 日本代表)


あーあ、準決勝が月曜日になっちゃった。(^^;)

大会の流れの中で、まったく不要な順位決定戦。
ともに投手を節約しながら、準決勝、決勝へむけての
エキシビションらしく、互いに淡々と消化されるのかと思いきや、
「マウンドの太極旗効果」もありーの、
日程の理屈や打算はどうでも、選手が「負けたくない」のは本能だね。

だから「野球の試合は面白い」のだと改めて思った。


日本ベンチは、この試合を緊急時の守備隊形の練習に
使おうと考え、ファーストに村田、サードに片岡。
それが裏目に出たのが「村田の肉離れ」だと思う。

3回裏、慣れないファーストの守備で、1、2塁間を高いバウンドで
抜けそうな当たりに飛びつき、そのまま2塁へ送球しアウト。
俊敏な動きを見せたが、サードでは絶対ない方向へのプレー。
4回表の打席で2本目のヒットを打ったが、1塁ベース手前で
右足太腿裏を痛めて途中交代となってしまった。

練習試合で埼玉西武に打ち込まれたばっかりに、
評価を下げていた小松が、快調な投球を見せたが、
田中まー君が季机浩に同点HRを浴び2−2。

8回表、先頭の青木がセンス溢れるバントヒットで出塁すると、
4番城島への代打稲葉の時にヒットエンドラン!
無死1、3塁を作って代打小笠原が、代わった金廣鉉から
しぶとく1、2塁間を破って勝ち越し。

無死1、2塁で、打席の亀井は良かった。
その前の初打席でもヒットを打っていたが、
フルスイングでファールし、1−2のカウントできっちりバントを決めた。
2、3塁を作ったことで、韓国は前進守備をとる。
広くなったヒットゾーンを岩村が破ってセンター前タイムリー(&エラー)。
流れるような「野球らしい」攻撃で、5−2とリードを広げた。

やればできるじゃん。
というか、「ここ一番の試合」でこそやれ!と、言いたいが(^^;)

とにかく、この成功体験と「金縛り」となってなす術無く敗れた体験を
両方よく噛み締めて、準決勝に臨んでもらいたい。

しかし、原監督の会見の言葉。
村田には試合中に「素晴らしい戦いざまだった。まだ我々には目標とするものがあるので入れ替える」と伝えた。
○カ殿に仕える「侍」が一人討ち死したぐらいに考えているようだなあ。

他球団の大事な選手がシーズン前に怪我をしてしまった(させてしまった?)のだから、もっと他に言い方があると思うぞ。

posted by ばかぼん父 at 15:43| Comment(0) | TrackBack(2) | WBC・野球代表戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115948156
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

日本 韓国を下し1組1位で準決勝へ、第2回WBC
Excerpt: 韓国に勝てて準決勝進出 次は世界一に挑戦 頑張って欲しいです。 ブログランキングに参加しています。 クリックお願いします。 トップへ
Weblog: オリンピック 日本ガンバレ 北京オリンピック
Tracked: 2009-03-20 15:49

3/20(日本時間) 日本6−2韓国~WBC第2ラウンドは1位通過で、次は23日に米国戦+安藤orz
Excerpt: 前回のエントリーで言ったとおりのスタメンにしていれば。。。 ⇒・[09WBC]準決勝を前に村田離脱 栗原が緊急召集(ZAWA talk) by Seesaaショッピング男の門出¥それと、安藤も心配or..
Weblog: 阪神タイガース世界一への道~あさちゃん。スポーツ
Tracked: 2009-03-21 06:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。