2009年03月19日

今年は夜霧にありがとう。祝・準決勝進出(キューバ代表 0-5 日本代表)


マリスタと同じく海のそばにあるペトコパーク。
負けたら終わりのサバイバルゲームは、
霧が立ちこめる中
負けられないプレッシャーから「相手のミス」が開放してくれた。

一死2、3塁から村田が浅いセンターフライで二死後、
小笠原の打球は左中間の深いところへ飛んだが、
センターのセスペデスが追いつき万事休す・・・ところが、
グラブへ入れたものの、弾き出てきて2点タイムリーエラー。
「ビビリ」ジャパンをとても楽にしてくれた。

祝・準決勝進出ということで、約束通り褒めましょう(^_^)。

まず、岩隈の素晴らしいピッチングだ。
キューバとの2試合は両方とも、相手の若さがでて快勝したが、
1戦目の松坂、この試合の岩隈が0に抑えて、
先取点を相手に与えず、「ビビリ」で「ヘタレ」の日本代表が、
一度もビハインドにならなかった事が大きかった。
韓国戦で火消しをした田中まー君といい、
今季も東北楽天は怖いチームになりそうだ。

そして、5打数4安打2打点1得点の青木。
日本代表の打線は青木でもっているといっても過言ではない。
村田と中島も五輪から伸びたと思ったが、
慣れてないはずのレフトでの素早い打球処理といい、
塁上での積極的な姿勢といい、
青木は、日本代表に欠かせない凄い選手になったと思う。


そして私的に一番感心しているのは川崎宗則だ。

選手起用といい、発言といい、MLBに媚びてるだけじゃないのか?
と思うような、バ・・いや、ワカ大将が監督でなければ、
センスもスピリットもあり、いろいろな攻撃のバリエーションがとれるし、
もっと活躍のチャンスがあって当たり前の選手だ。

しかし、ほとんど起用されないにも関わらず、
クサらず、外野手のキャッチボールの相手をつとめ、
すぐに意気消沈してしまう日本ベンチの一番前で、
浮きながらも、声を出し,鼓舞している姿。
若いけれど、ホントに偉い選手だと思う。


さて、順位決定戦で韓国との今大会4試合目。
この試合のテーマは、お互い「いかに負けるか」だ(^^;)。
ベネズエラもアメリカも、大味なMLBのチーム。
プレースタイルはどっちも一緒だ。
だとすると、ホームのアメリカの方を避けるため、2位通過が
望ましい。
ここで、「ボブ・デービッドソンの再来」がないとも限らないし。

しかもだ。
日本時間で、ベネズエラ戦は日曜日、アメリカ戦は月曜日になるからね。
(^^;)

posted by ばかぼん父 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(2) | WBC・野球代表戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115915276
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

準決勝進出!!
Excerpt: WBC2次ラウンド
Weblog:    た わ ご と   
Tracked: 2009-03-19 23:30

WBC第2ラウンド:ベネズエラ10−6米国&日本5−0キューバ~祝!日本準決勝進出決定!
Excerpt: 時系列的にはこっちが先ですね。 ・ベネズエラが1位で準決勝へ 米国は2位通過(スポナビ) 第2回ワールドベースボールクラシック(WBC)2次ラウンド2組の首位決定戦・ベネズエラvs.米国が19日(..
Weblog: 阪神タイガース世界一への道~あさちゃん。スポーツ
Tracked: 2009-03-20 06:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。