2009年03月18日

キューバに勝てたら褒めることにしよう(韓国代表 4-1 日本代表)


韓国代表の金寅植監督は、さすがだなあ。
この大一番の試合で、「入り方」だけで勝負をつけてしまった。

1回表は、セカンドとファーストがファインプレー。
その裏、先頭の李容圭がヒットで出塁すると、
次の打者の「初球にスチール」し、ヘッドスライディング。
(私の大好きな、意表をつくギャンブルプレーだ。
金監督は期待に応えてくれる^^;)

次の打者のセカンド内野安打で、二走は3塁へ、
打った鄭根宇も1塁へ、へッドスライディング。

選手がいきなり躍動し、とてもアクティブなムードを作りあげた。
先発ダルビッシュが落ち着く前に、ムードに飲まれたように
3点を失って、もう勝負ありの雰囲気。
この後、立ち直れただけに、実に見事な先制攻撃だった。


それにひきかえ「仕掛ける」と言っていたような記憶だけはある、
相変わらずの「策なし」ジャパン。
再三チャンスはあったが、見事に無策を貫いた。

首脳陣の方針なんだろうから、いまさら結果論で、
バントをすべきとか、エンドランをかけるべきとか言う気はない。
(実はエンドランについてはかなり言いたいが^^;)

ただ、サインを出してベンチの意図を選手達に示さないと、
選手間の意思の疎通もうまくいかなくなって、チグハグになる。
事実、1点とって二死1塁にイチローが残った場面。
なんとか厳しい警戒をかいくぐって走ろうという意図が見えていたが、
片岡があっさり初球を打って攻撃終了。

それにひきかえ(^^;)8回裏の韓国は
先頭の2番が四球ででると、3番にバント。
これがファールになると、次の球でバントエンドラン。
「正面でいいから、かならず転がせ」
「なんとしても駄目押し点を取るぞ」
という意図がほとばしっていただろう。

学習できない日本首脳陣については、
書いても同じことの繰り返しとなるので
もう何も期待しないことにする。

なんとかキューバに勝ってくれ!と、祈るだけだ。


それはさておき、千葉ロッテのボビーの後任監督として
金監督にオファーを出して欲しいなあ(^^;)。

posted by ばかぼん父 at 23:09| Comment(2) | TrackBack(1) | WBC・野球代表戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回もハゲ同です。
仕事の関係で観れたのは1回の表裏だけですが、もうそれだけで十分な試合でした。
金監督は采配も良いのですが、謙虚な姿勢もあり、とても好感が持てます。
日本はおっしゃるとおり無策を通し、私も諦めの境地です。流れを変える采配が無いことが、選手にも影響しているように感じます。

しかし、韓国はまたマウンドに旗を立てました!屈辱と言うより、恥ずかしい行為だと私は思いますが、日本に奮起を促すためにやってくれた?(笑)
これで選手が発奮し、開き直れば、今後の戦いに期待が持てます!
・・・もう、そこにかけるだけです。
Posted by 痛恨一打 at 2009年03月19日 07:37
to 痛恨一打さま

コメントありがとうございます。
試合はある意味予想通りでしたが、初回のたった3点で「もう負けました」みたいな雰囲気になったのは情けない限りでした。

>流れを変える采配が無いことが、選手にも影響しているように感じます。

まさにハゲ同です。日本ベンチは、ホントに野球をわかってないですね。

>韓国の旗
第1回の時より随分小さくなりましたね。(^^;)
考えようによっては、旗で侮辱してくるうちが花かも知れません。
そのうち韓国が日本に勝つのが当たり前となって「日本もまあまあ良くやったじゃん」と拍手してくるようになる方がムカツキます。(^^;)
Posted by ばかぼん父 at 2009年03月19日 12:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

WBC第2ラウンド:日本1−4韓国、米国6x−5プエルトリコ
Excerpt: 残念な結果となりましたが、次のキューバ戦に勝てばええんや。石原にもやっと出番があったし。。。 一方、米国は9回裏に2点差のビハインドをひっくり返して準決勝進出決定おめでとう! 終わった試合のことをあ..
Weblog: 阪神タイガース世界一への道~あさちゃん。スポーツ
Tracked: 2009-03-19 06:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。