2009年03月17日

明日はいよいよ大一番、3度目にして初の日韓ガチンコ対決

今回の第2回WBCでは、日本vs韓国の試合はマジで5回ありそうだ。
「アジアを制する者が世界を制す」ことを、
世界に強くアピールすることにしよう。

2強2弱だった東京ラウンドのgame4とは違い、
明日(18日)の試合に勝った方は準決勝進出確定、負けた方は
キューバと生き残りをかけた1ゲームマッチを戦わなければならない。
まさに天国と地獄だ。

予告先発はダルビッシュと奉重根。
日程的に、この試合で良ければ中5日で決勝戦に
投げるであろう投手だ。


日本の先発はよりどりみどりの中から、とりあえず
日本球界のエースとして期待して選んだ感じだが、
韓国の方は、東京ラウンドで日本を5回1/3を3安打、
無四球に抑えた奉重根に全てを賭け、
この試合を一戦必勝で臨んできた。

本調子でない
金廣鉉が、使えるかどうかも謎の、
日本に比べれば選手層がうすい韓国にしたら、
絶対負けられない「頼りの」奉重根が先発だ。
決勝で使うためとはいえ、最強と目される日本戦に
ぶつけるわけで、
韓国にとっての、この試合の重要度は、
今大会最大。
キューバ戦を一切考えずに「皇国の興廃この一戦にあり」
で、向かってくるだろう。

総合力では、日本を除けば(除かなくても?)韓国が最強だろうから、
けっして簡単ではないが、
この試合に勝てれば、
準決勝は松坂で決勝までいけるだろうし、優勝も見えてくる。

事実上の決勝戦といえるかもしれない。

原監督が語るように、キーポイントは先取点だと思う。
原さんは監督としての能力はまだまだ発展途上だが、
己のレベルがまだまだであることを知っている分、
最低限はクリアしているし、伸びしろもあるはず。

「接戦で終盤へ」という展開は避けたいだろうから、
序盤から仕掛けて、なんとしても先手先手でいきたい。

それが上手くいけばハッピーだが、
「戦力では勝ってる」なんて考えずに、五輪優勝監督の
胸を借りるつもりで、失敗しても勇気をもって、
ひるまずチャレンジして欲しい。

金寅植監督の采配が東京ラウンドと比べてどうなのか、
戦力差を埋め一発逆転を狙ってくる采配にも
実は楽しみにしているけど。(^^;)


しかし、平日の昼間(日本時間)か。
帰宅後ビデオを見るまでに結果を知ってしまうのが残念だな。


posted by ばかぼん父 at 18:50| Comment(0) | TrackBack(1) | WBC・野球代表戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

3/17 阪神3−3中日@甲子園練習試合&球場内覧会&WBC
Excerpt: 本題に入る前に、いよいよ日本時間の正午からWBC第2ラウンドの韓国戦。2位通過でもいいとは思うものの、今日勝ってさっさと準決勝進出決めたいですね。 それにしても、普通は1次予選で1位と2位のチーム..
Weblog: 阪神タイガース世界一への道~あさちゃん。スポーツ
Tracked: 2009-03-18 06:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。