2009年03月10日

走塁ミス連発の韓国が勝ち、ミスのない日本が負けた意味(東京R決勝 日本 0-1 韓国)



アジアNo.1, いや世界No.1決定戦にふさわしい
白熱した良い試合だった。
といっても、韓国にすれば、エースの「投げるデブ」、
柳賢振(リュヒョンジン)を左の2ポイントに起用しただけで余裕残し。
一方、日本チームは長所と短所がともに顕わになったと思う。

この試合でも三塁線を破られ先制された直後の
ショート中島のサードベースカバーと、
レフト青木の素早い打球処理で一走を三塁でアウトし、
打者走者を1塁に止めるなんざ、世界一の守備力だ。

今回の代表チームを戦力で語るなら、日本の方が韓国より上。
チームとしての成熟と準備においても日本が上回っている。

しかし、日本は韓国に敗れた。
「無駄な四球が多かった?」
「(先制された)あの場面でサードにライン際へ
詰めさせるべきだった?」
私に言わせれば、これらは本質ではない。

「ミスをしたら負ける」という、カタくなる方向に考えてしまう、
ある意味日本的なメンタリティこそ、決定的な弱点であり、
監督を「優等生」原辰徳にしたことで、
さらにこの弱点が増幅してしまっているのだ。

この試合、韓国はミスだらけだ。
無死2,3塁からゲッツーで二死1塁なんて、日本ではありえないだろう。
マスコミは城島のスーパープレイなんて書いているが、
アウトになるとわかった時点で、三走が挟まれて、
一死2,3塁にするのが筋、その判断ミスをキッチリ咎めただけだ。
エンドランもハーフライナーでゲッツーになっているしね。

しかし試合の中では、韓国の選手がノビノビとバットを振り、
投手も気迫をみなぎらせて打者に向かってくるのに対し、
日本の打者は「自分がやらねば」と力みかえり、
投手は「打たれちゃいけない」と力んでコントロールを乱す。

象徴的だったのは、一死からイチローがヒットで出た8回。
投手が東京ヤクルトの右のサイドスロー、林昌勇(イムチャンヨン)に代わり
打者は埼玉西武の3番打者、中島の場面だ。
ここはイチローの盗塁もあるし、「盗塁させるぞ」と見せながら
ストレートを狙わせてもよし、カウントによってはエンドランもある。

そこでだよ、中島をわざわざ呼んでバントで二死2塁を作りますか。
これって青木に物凄いプレッシャーをかける、
ある意味、有利な状況を自ら捨て、特攻をかけるような作戦だ。
わざわざ選手に実力を出させないようにしているように見える。

人間がやる限り、スポーツはメンタルの要素が大きい。
チームスポーツとなれば、選手に実力を発揮させるのは
監督の力が大きいのだ。
単に選手を信じて打たせるとか、バントさせるとか、
エンドランなどの策を使うとかの目に見えるところの問題じゃないんだよね。

もし「Have fun!」のボビーか、「失敗しても良いから」のナベQが
監督だったなら、今大会で韓国より下になることはなかったろうが、
ノムさんの言葉の「チームは監督の能力以上には伸びない」
これを思い知らされた試合だった。

この敗戦を、チームの弱点に気がつく機会にできるかどうかで、
日本チームが2次リーグどまりか、それとも、
さらに上へいけるかが決まると思う。


posted by ばかぼん父 at 07:50| Comment(2) | TrackBack(2) | WBC・野球代表戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもROMにて拝見していますが、初めてコメントさせてもらいます。
ばかぼん父殿の言われる「わざわざ選手に実力を出させないようにしているように見える」に激しく同意です。あのバントの場面、これで点が入っても勢いはつかないと感じました。
昨日は東京ドームのライトスタンドで観戦していました。普通は流れが変わるはずの韓国のミスで流れが変わらないこと、どのピッチャーも韓国に比べるとテンポが悪いことが、すごく嫌な感じで見ていました。
また、試合後の原監督のインタビューで「これが野球」と言われていたのを見て、反省が無いと感じています。第1回のように選手が開き直ったときが最強の状態と思うのですが、そこへ至るのかがとても心配です。
Posted by 痛恨一打 at 2009年03月10日 13:47
to 痛恨一打さま

コメントありがとうございます。
ハゲ同していただき嬉しいです。
ナベQ、金、両監督も喜んでくれるでしょう(違^^;)

TVで見ていたのですがバントの時、気のせいか塁上のイチローの表情が「ムッ」となったように見えました。

>「これが野球」と言われていた
いけませんねえ(>_<)。なまじ好試合になった事で「気づく」タイミングを逃したかも。
今回のダブルエリミネーション方式は、前回のようなタナボタは起きない仕組みなので、「死んだつもり」の時には、もうすでに死んでいる。

このままの戦い方で2次リーグで勝つためには、先攻をとって先制して、追いつかれないまま逃げ切るしかなさそうですね。
Posted by ばかぼん父 at 2009年03月10日 18:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

3/9 WBC第1ラウンドA組(Game 6)【韓国1-0日本】~ノムさんのゆうとおりの展開にw+α
Excerpt: ・日本、韓国に惜敗 A組2位で2次ラウンドへ(スポナビ) 韓国 000 100 000|1 日本 000 000 000|0 勝:奉重根 負:岩隈 S:林昌勇 韓国:奉重根、鄭現旭、柳賢振、林昌勇 ..
Weblog: 阪神タイガース世界一への道~あさちゃん。スポーツ
Tracked: 2009-03-10 09:11

柳賢振 球種
Excerpt: 走塁ミス連発の韓国が勝ち、ミスのない日本が負けた意味(東京R決勝 ... 柳賢振(リュヒョンジン)を左の2ポイントに起用しただけで余裕残し。 一方、日本チームは長所と短所がともに顕わになったと思う。..
Weblog: 毎日チェック!スポーツ最新速報
Tracked: 2009-03-17 22:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。