2009年03月08日

村田と内川で韓国にコールド勝ち(日本代表 14-2 韓国代表)


昼間のGame3 で中国が台湾に勝利した。
この時点で東京ラウンドでは、日本、韓国と他の2カ国の間に
大きな力の差があることがはっきりしたと同時に、
このGame4の日韓戦が一番手を抜いてもよい試合となったと言える。

しか〜し、日本にとっては、再び中国と試合をするのは百害あって一利なし。
韓国にとっても日韓戦は負けてもいい試合には決してならない。
両チームとも気合いの入った、素晴らしい試合になり・・・そうだった、
初回まではね。


韓国の先発は、金廣鉉(キム グァンヒョン)。
同じ相手に2度もなすすべなく敗れた因縁の相手だ。
さすがに今回はバッチリと予習済みだったようで、
金広鉉も滑るボールで苦しんでいるスライダーを狙い打って、
1、2、3番の三連打で1点を先制した。
しかし、4番村田、5番小笠原が連続三振し、
嫌なムードになりかけたのを救ったのが内川だ。

解説の古田さんが絶賛だった、ボールになるスライダーの見送り、
そして甘く高く来たスライダーを叩いて2点タイムリー2ベース。
これはホントに大きかった。

そしてその裏、日本の先発は松坂。
スライダーがコントロールできずに、ストレートを狙われて連打を浴びた。
しかし、サード村田が好判断をみせる。
ライトイチローからの三塁送球を前へ出て処理し、
2塁を欲張った打者走者の金賢洙をアウトにした。

村田は五輪では散々だったが、その悔しさをバネに、
見違える程伸びている。
内野が天然芝のアメリカへいって前への動きがどうかは
まだわからんが(^^;)、俊敏に「動けるデブ」になった。

この後、ノースリーから簡単にストライクをとりにいって、
「どこの球場でも打った瞬間HR」を4番の金泰均に喰らって、
3−2にされるが、村田の美しいプレーがなかったら
同点になっていたところだ。

2回に城島のヒットの後、岩村が四球を選び、再びイチロー。
ここでセーフティバントを決めてノーアウト満塁。
さすがはイチローというアイデアだった。

中島も粘った挙げ句に四球をもぎ取り押し出し、
青木は内野ゴロで必死に走ってゲッツーを阻止し5-2。
村田の打球は、レフトへの犠牲フライでもう1点のところを、
球場が東京ドームのため、スタンドにとどいてしまって、
あと2点追加。

一番搾りの看板直撃でも2点、フツーなら外野フライで3点。
なんか申し訳ない(^^;)ようなドームランで勝負アリとなった。

この後松坂は立ち直って、4回まで投げきり、
5回は俊介がコマーシャルの時間より短いエコモード、
6回に杉内が調整登板、7回に岩田が「アメリカの審判とは」を
レクチャーするためにボークの予行練習をしながら(^^;)無失点リレー。
ムカツイタのは松坂のインコースは避けるくせに、
俊介のインコースには足を前に出してくることだ(^^;)。

4連戦が決まった韓国はコールドで投手を使わなくて済む方が良いので
サクサクと試合終了し、日本がめでたくサンディエゴ行きの切符を手に入れた。

この試合は先発が調子が悪くて崩れたらエライ事になるという見本だ。
強打、強打でたまたまヒットが連なったから
ワンサイドゲームになっただけで、
この試合内容ほどの力の差はないだろう。
9日に韓国が柳賢振を出してくるのか、敢えて隠すのか楽しみだ。

私?監督としては金寅植さんの方が好みなもので(^^;)。


さて、おまけとして昼間のオープン戦、阪神vs千葉ロッテ。
コバヒロがこの時期、阪神1.5軍を5回ゼロ封なのは当たり前。
見所は浦和マリーンズになってからの中継ぎ1軍争いだった。
アピールしたのは苦労人ルーキー香月良仁。
味方に足を引っ張られながらもピンチで詰まった内野ゴロ2本
(うち1本は根元の送球エラー>_<)に打ち取った。

一軍投手枠を13人とするとローテに6人、リリーフが7人。
小宮山さんは実質コーチ兼任なので決まり。
荻野、川崎、伊藤義弘、シコースキーまでで5人。
ここまでで左は川崎一人しかいないので、残り2人の中で
右投手は0〜1人の狭き門だ。
中郷が一歩リードしている感じだが、競争に踏みとどまったね。

posted by ばかぼん父 at 09:35| Comment(0) | TrackBack(1) | WBC・野球代表戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【WBC1次ラウンドA組Game4】日本14−2韓国(大会規定により7回コールド)~日本2次ラウンド進出決定!はともかく、球場でのフラッシュ撮影とインプレー中のウェーブ禁止の件
Excerpt: シルクがこの試合の勝利の女神様なら、 猪苗代の彼女がこっちの試合の勝利の女神様? ▼第1ラウンドA組(Game 4)/2009年3月7日(土)@東京ドーム◇開始 19:08(2時間48分) ◇入..
Weblog: 阪神タイガース世界一への道~あさちゃん。スポーツ
Tracked: 2009-03-08 11:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。