2009年03月06日

考え違いをしたまま本番突入(WBC 東京ラウンド日本 4-0 中国)

京セラでは、直行が5回を後藤のHRの1失点
千葉ロッテファンの私から見れば、オリの後藤光尊と、
楽天の草野は日本代表だ(^^;ハイ、大げさでした)。

去年のオリックスの躍進は、
千葉ロッテがオリックスに負けすぎたことが原因。
「今季はそうはいかないぞ」という意を強くした(^_^)。

WBC 東京ラウンド 日本代表 4-0 中国代表

イチローの「サイクル内野ゴロ(^^;)」+フライで5打数ノーヒットだとか、
城島がノーアウト1,2塁からゲッツーを打ったとかは全く問題じゃない。

彼等が仕事をするのは大味なMLBの選手達との対戦が
始まってからだ。
それに強打するということはゲッツーのリスクを背負うのだから。


3回の中島のディレードスチールは良かった。
その後の青木のセンター前ヒットをセンターが後逸し、
三塁を奪ったところまでは良かった。
しかし、稲葉のショートゴロでの青木の走塁はいけません。
あの時、スタートしてからピッチャーが捕るかもと思って、
一度ストップ、それから再スタートして本塁憤死。

8回には盗塁で2塁に進んでいた代走の片岡が、
バントを失敗した後の城島のショートゴロ(!)で
3塁を狙ってアウト。

この2つのプレーは、中国の守備力を格下と見て、
ナメてかかっているということではないだろうか?

普通前進守備の相手に対して、一度止まってからでも
セーフになると思うのか?
片岡も目の前のショート正面のゴロだよ。
バントを失敗した城島がベンチの意図を汲んで、
右打ちしないのは、まあ城島だからだが(^^;)
片岡は自分で判断しなきゃね。

ヘタな相手に合わせて「この程度でいいだろう」みたいな
傲慢な野球を見せるべきではないだろう。

それに、たとえ中国相手にセーフになったところで、
あまり意味が無いんじゃない?
つーか、明らかにヘボだった中国バッテリーに対して、
代走盗塁もあまり意味が無いと思う。

ギリギリで成功するかどうかの場面で仕掛け、
それが失敗に終わっても、成功してもその後の
攻撃時に選手が力を出せるかどうかのメンタリティを
野球レベルの高い相手の練習試合のうちに見ておきたかったが、
いまさら言っても仕方がないこと。
韓国戦で「ぶっつけ本番」でやってみるしかない。

埼玉西武、読売、中国戦の流れを見ると、打線の調子は
けっして良くはない状態だ。
それなら、調子を上げるために手を打つのが首脳陣の仕事。
ボケーッと見ているだけならファンでもできる。

とにかく序盤の先取点をとるところでこそ、ベンチが動くべきだ。
試合運びに余裕を作って、楽な気持ちで打撃ができるように
してやる必要があるんじゃない?

そうそう、3回のイチローの守備は素晴らしかったなあ。
昨日の試合はこれだけで充分だ。(^^)

posted by ばかぼん父 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(1) | WBC・野球代表戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【WBC1次ラウンドA組:Game1】日本4−0中国~もっと楽に勝てたような。。。<追記あり>
Excerpt: 3/5 WBC1次ラウンドA組:Game1【日本4−0中国】 ワールドベースボールクラシック(WBC)1次ラウンド・A組の日本対中国が5日、東京ドームで行われ、日本が4対0で勝利した。 中国 00..
Weblog: 阪神タイガース世界一への道~野球狂あさちゃん。
Tracked: 2009-03-06 10:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。