2009年03月02日

「サインプレー」とは一死1塁からのバントだったらしい(「お寒い」ジャパン 2x-1 読売G1.5軍)

長崎では千葉ロッテが東北楽天に快勝
大松も打ったが、なかでも唐川が4回ノーヒット。
内村に盗塁を許したが、クイックも見違える程上達したという
ボビーの評価らしい
(^_^)。

投手の1軍枠は大変烈しい競争となっている。
松本幸大、ルーキーの木村と香月が2/3ずつ。
イニング途中やイニングまたぎでテスト。

夜の日本代表戦の試合を見たら、
映像さえあればこっちをメインに書いたのになあ。(^^;)


<WBC・強化試合:日本2−1巨人>◇1日◇東京ドーム

0−1で迎えた5回裏、一死1塁に内川の場面。
小笠原の表情を見ていた限りでは、何かサインが出ている感じ。
セットに入った投手のバーンサイドが、なにも動く前から
内川はスタートし、楽々盗塁成功した。

昨年たった2盗塁だった内川はバーンサイドのクセを
一瞬にして見破ったのか?
凄いなあ、今季は首位打者に加えて盗塁王も狙えそうだ。

とまあ、サインは「バーンサイドへの牽制禁止だったのか?」(^^;)
と下衆の勘ぐりをするような「ワケわかめ」な試合展開にもかかわらず、
延長10回に相手投手の自滅とバッテリーエラーでやっとのことでのサヨナラ勝ち。

ここまでいったら、いっそタイブレークの練習までしとけば良かったのに、
「お互いもう止めましょう」みたいな終わり方。それでいて、
9回は城島、10回は青木がそれぞれ送りバントを決めた。実戦6試合目にしてようやく作戦面でサインを出し、それに選手がきっちり応えた。1死からでも犠打。伊東総合コーチは「(本番でも)当然こういう野球になる。選手への意識付けもできたし、そういう意味でもきょうの試合は大きかった」と強調した。
1点とればサヨナラの状況から二死2塁を作る作戦をもって
この自己評価はちょっと恥ずかしくないのかな?(^^;)

それをいうなら、0−1で迎えた3回裏の無死1塁で
城島へバント
またはエンドランのサインだろ。
9番川崎のところでタイムリーにならなかったとしても
一死1、3塁、悪くても二死3塁を作って、
イチローの最悪でも内野安打で同点にするパターンだ。

1番イチロー、9番川崎の打順は良かったと思う。
城島ゲッツーの後の川崎のセーフティ、
こういうことをするのが「日本野球」のセンスというものだ。

「良い子」にして「遠慮しいしい」やっているうちは、
本当の実力は発揮出来ないものだ。

ほれほれ、こんなふうに重苦しくなってきたら、
なにか流れを変えるようなことをやりそうな西岡と
滅私奉公ができる「侍」松中がいないのが悔やまれるだろ(^^;)?

と言っても、ものは考えようで今絶好調である必要は全くない。
韓国に勝つのは2ndラウンドで良いのだ。
アメリカへ渡ってからが本当の勝負だから、
東京ラウンドを戦いながら、
チームとして調子を上げて行けばOKだ。

posted by ばかぼん父 at 12:02| Comment(0) | TrackBack(1) | WBC・野球代表戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115026873
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

3/1 【WBC強化試合】日本代表2x−1巨人~何回も同じこと繰り返すようですが。。。
Excerpt: 【NPBニュース・WBC強化試合 読売にサヨナラ勝ち】 WBC連覇を目指す日本代表は1日、東京ドームで行われた「アサヒビールチャレンジ ’09 WORLD BASEBALL CLASSIC 強化試..
Weblog: 阪神タイガース世界一への道~野球狂あさちゃん。
Tracked: 2009-03-02 18:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。