2006年01月08日

「信は力なり」高校ラグビー、伏見工優勝

サッカーの準決勝第2試合をビデオへ回して、
ライブ(TV)で高校ラグビー(決勝戦)を観戦しました。
結果は伏見工の完勝でした。

伏見工は、仲間を信じるという「信は力なり」を体現する
ハンドリングラグビー。
それが体格で劣るFWが互角に戦えれば、実力を充分に発揮する。

バックスだけではなく、FWのNo.8, フランカー陣だって、繋ぐ、繋ぐ。
モールやラックからNo.8がサイドを突くと同時にそばの選手にパスし、
1人で、2人の選手を引きつけ潰れ、味方を抜け出させたプレー。
攻めにかかればボールを支配し続け、相手に奪われれば、最後まで
タックルやターンオーバーを狙い続ける。
 
今回は、2回戦くらいから高崎監督は、「目立つ選手はいないが、
優勝した5年前と比べても遜色ないくらい、まとまっている」と
自信を示していた。

今大会は決勝が高校ラグビーの初観戦だったので、桐蔭学園のラグビーは
わからずじまいだが、王者啓光学園を破った、
かつての王者、大工大高(「だいくだい」ではない^^;)に勝って来たわけで、
あの程度ではないとは思う。が、相手が悪かった。

これもノックアウト方式を勝つ為に、大型FW中心のチーム作りをする
高校が多い中、信念をもって自分たちのスタイルを貫いているチームが
優勝を飾ったのは、ちょっと嬉しい。

ラグビーは外国籍であっても、何年かプレーすればその国の代表にもなれるので、日本代表と言っても、トップリーグの選抜チームのようだ。
どこか愛着も湧き難いし、やりたいスタイルの統一感もつくりにくいのでは
ないだろうか?

今は、シャンパンラグビーと呼ばれる自由奔放なラグビーのフランス人、
ジャン・ピエール・エリサルド氏が、ヘッドコーチを務める。

伏見工のような、走力とハンドリングの魅力的なラグビーが、
日本代表のレベルでも見たいものだ。
posted by ばかぼん父 at 10:42| Comment(2) | TrackBack(2) | ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年も伏見工強いみたいですよ〜。
全国高校ラグビー京都大会ー11月5日に、伏見工vs京都成章が、行われるみたいです。
どうか、決勝でコケないで欲しい!
2年連続全国優勝を、果たして欲しい!
去年、一昨年の高校野球の北海道駒大苫小牧みたいに。
Posted by イッさん at 2006年11月02日 23:34
>イッさん

すみません。長い間留守にしてました。
スポーツ禁欲生活からやっと解放されました。

来季は高校サッカー、高校ラグビーもフォローしますよ。
エラい先ですが(^^;)
Posted by ばかぼん父 at 2007年02月09日 17:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

泣き虫先生が泣いた!伏見工全国V
Excerpt: 伏見工業、5年ぶりの全国制覇!おめでとう!
Weblog: 30 on the spot
Tracked: 2006-01-08 14:30

正月スポーツでは『小さな華』だけど [ブログ時評44]
Excerpt:  元日のサッカー天皇杯決勝を頂点に、正月休みをはさんだスポーツ大会が目白押し。その中の全国高校ラグビーは比較すれば「小さな華」だけど、ドラマ「スクール・ウォーズ」のモデルになった京都の伏見工が5年ぶり..
Weblog: ブログ時評
Tracked: 2006-01-09 20:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。