2009年01月15日

野球おけるプロフェッショナルなファール打ち

サッカーでは、味方のピンチを防ぐために
わざと反則をして相手を止めることを
「プロフェッショナル・ファール」と言うが、
今日の話題は全く関係がない、
プロ野球におけるファール打ちについてだ。

相手の先発投手が凄いデキだとする。
技術が未熟であり、一発勝負である高校生レベルなら、
アウトになるとしても球数を投げさそうと
カットしながら粘ってあわよくば四球をもらおうと
することがあっても「まあ、しゃあない」と
思ってあげる度量はある。


しかし、プロ野球という、お客さんに見せることで
成り立つレベルにおいて、しつこくしつこく
カットしながら四球をとるのはいかがなものか?と思うし、
ファンにしても、いかにひいきチームが勝つためとはいえ、
そんなプレーを誉めそやすのもなんだかなあと思う。
投手達がMLBへ行きたがるのもわかる気がする。

確かに「勝利至上主義」にたてば、先発を早い回に
球数を投げさせる事で肉体的、精神的な疲労を誘い
後半に攻略する手は「戦略的には」確かに有効だと思う。

極端な事を言えば、球数制限ルールのあるWBCという大会で
徹底してカットし続ければ、相手の投手を全員使わせて
試合続行不可能に追い込む必勝法といえるかもしれない。

でも、ルールとして前へ飛ばす気のないファール打ちを
禁じてないのは、大前提として「そんなツマンナイ事はしない」
という事がプレーヤーレベルで当然となっているからだろう。

なぜなら「プロ」だからだ。
「プロ」はただ勝てば良いのではなく、お客さんにプレーを見せて
喜ばせてこそ、であるから。

そして、もうひとつの理由として、
元々プロになろうかという人は「野球が好きでたまらない」
人間であるということだ。
だから、好きな野球をやっているのに
「ツマンナイ」ことはしたくないという精神がお互いにあるからだと思う。

そんな中、「なるほど、プロ!」と思わせられたのが、
以前に「ほぼ日刊イトイ新聞」に連載された、
「野球の神様、1球だけ狙わせて下さい」という田口選手との
対談記事だ

原文の方が圧倒的に面白いのでそっちを読んで欲しいのだが、
クレメンスと対戦する時、1打席に1球だけ投げてくる
スライダーをひたすら待つというプランのなかで、
スライダーを投げさせるために、まっすぐはファールする。
しかし、スライダー狙いであることがバレてしまえば、
投げてもらえない。

そこで、あたかも「まっすぐを狙って打ちにいったかのように、
ファールする」のだ。

プロである投手も捕手も騙されるのだから、
見ているだけの素人ファンには解るわけがないのだが、
「プロのレベルとは」ということをこの対談記事で
知ることが出来て嬉しかったし、
NPBでもこのレベルで野球をやってもらいたいと思った。



posted by ばかぼん父 at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球(NPB) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。