2008年10月21日

読売への最初の挑戦者は中日に決定(阪神T 0-2 中日D)

セ・リーグは日程も1stステージと2ndステージの間が中1日と
リーグ優勝者に有利に設定されており、リーグ戦とは別の
クライマックスシリーズというよりも、形だけの「敗者復活戦」のようだ。

1stステージは、2位阪神と3位中日の対戦だが、
今季のドラゴンズは昨年よりもかなり悪い状態。
荒木、ノリ、谷繁がさっぱりなので、得点パターンが
森野とウッズの一発にしか頼れない。

一方阪神もCSで日本シリーズ進出を争うレギュレーションであることは
2年も前からわかっているのに、
全く無視したペナント逃げ切り作戦で終盤にはボロボロの状態。

お互い投手の我慢大会となった1stステージは
1勝1敗のタイで迎えた第3戦にして、やっと天王山らしい試合となった。


岩田vs吉見の希望枠3年目同士の素晴らしい投げ合いは、
味方のエラーにも負けずに、ヒットすらほとんど許さない投手戦。

初回無死1塁の赤星が盗塁を成功させ、一死3塁を作るなど、
この試合は、ずーっとやらなかった、「やるべき事」をやった。
せっかく試合らしくなったのに、3,4番が倒れて先制ならず。

試合は0対0のまま終盤へ入る。
先に動いたのはこの試合が最終戦となる岡田監督。
8回一死ランナーなしで岩田に代打桧山を送るが三球三振。
赤星が2ベース+エラーで3塁へ進むものの関本が内野フライ。

9回表は藤川球児。
代打立浪がヒット、バント、ワイルドピッチで1死3塁。
森野を内野フライに打取るものの、ウッズへは0−3のカウント。
ストレートに対し、気のない空振り、止めたバットに当たるファールで
フルカウント。
ラジオの解説をしていた田尾さんは、
「直球しか待ってないはずなのに、なんでこんなに合わないのだろう」
とウッズ不調説。

阪神は引き分けでも2ndステージ進出だった。
たとえ0-0であっても12回まで相手を0に抑えれば良かった。

ウッズを歩かせてOKの状況だったのに
いつのまにか「二人の勝負の世界」に変わって行った。
ウッズの三味線?が勝負の世界へ引っ張り込んだともいえる。

そしてシュート気味に甘く入った直球を、
待ってましたとばかりにスタンドへ放り込まれた。

1対1の勝負の面白さをお客に見せるのは、
負ける余裕のある「リーグ戦でやっておけ」と思わんでもないが、
ハナからポストシーズン戦がオマケと思っていたのだから、
阪神にとってはこれで充分本望なのだろう。

その裏、岩瀬が阪神のクリーンナップをキッチリ抑え、
中日が読売への挑戦権を獲得し、これまた思惑通り。

読売とやるなら中日の方がチャンスがあるので、
第三者のファンにとっても思惑通り。

三方、丸くおさまった敗者復活戦だった。

posted by ばかぼん父 at 07:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108387656
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

10/20 セCS 1st第3戦【D2−0T】~阪神タイガース監督岡田彰布終戦
Excerpt: まずは、岩村さんおめでとうございます。 ワールドシリーズの対戦相手は田口さんのいるフィリーズということで、NHK BS的にはおいしいカードになりましたね。 って、ドジャーズ(黒田・斉藤隆)対レッド..
Weblog: 阪神タイガース世界一への道~野球狂あさちゃん。
Tracked: 2008-10-21 11:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。