2012年01月13日

サブローの人的補償は高口

FAで獲得というか、大村三郎選手をサブローに戻すため、
「やり直し人事」を行った代償として、
もっとも薄いポジションであるショートを「守れる」
高口隆行選手を読売が人的補償として獲得した。

てっきり金銭補償で選手枠を空ける方を
選択するかと思っていたので、予想が外れました。

まあ、控えに置いておきやすい選手なので、
読売的にはニーズがあったということでしょう。

千葉ロッテにとっても、まずショートに守備力だけを
求めるなら、ルーキーの鈴木大地を使う方が良いし、
急場の控えクラスの選手なら、塀内、渡辺、根元、細谷と
ヤマのようにいるので、あまり痛くない。

問題は、ショートのレギュラークラスが0人だ
ということなんだけどね。(^^;)

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。