2012年01月03日

東洋大が「お守り」柏原の最終年を完璧に飾る(第88回箱根駅伝)

2012年の箱根駅伝は、「山の神」柏原という、
リーサルウエポンを持つ東洋大が、往路のみならず、
福路も新記録を出し、2位駒沢大に9分以上も
差をつける、完璧な勝利を飾った。

他の大学は、5区の山登りに絶対的な力を持つ柏原を
意識し、4区までになんとしてもリードを持って
臨まなければならないという、自ら課した「シバリ」に
自滅するように、無理をすることで、かえって
差を広げられてしまった。

トップでタスキを受けた柏原は、これまでの3年間の
経験を踏まえ、狙った通りに区間新をたたき出し、
往路だけで5分の貯金を作り出し、事実上、
総合優勝を決めてしまった。


続きを読む
posted by ばかぼん父 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 駅伝・マラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。