2011年09月18日

形の上では小野晋吾で連敗(千葉ロッテM 6-7 オリックスB)

千葉ロッテマリーンズ 6-7 オリックスバファローズ

土曜日の試合は、阿部が頑張ったが6回につかまって
同点にされ、7回に小野晋吾がバルディリスにHRを浴び、
逆転負け。

珍しくスクイズまでやったが、その次のチャンスとなった
6回の一死3塁の場面で高濱は、サインを待ったような
消極的な打席となり、チグハグな印象だった。

阿部については、マッチが序盤から変化球を使い過ぎで、
いずれ手詰まりになると思ったが案の定だった。

日曜日は俊介がいきなり初回に3失点。

しかし、マクレーンも酷い状態で、なんと!
5点を取り返して逆転に成功した。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。