2011年09月02日

木村と山本徹矢の限界を確かめた試合(千葉ロッテM 2-8 北海道日本ハムF)

千葉ロッテマリーンズ 2-8 北海道日本ハムファイターズ

2アウト2塁からポンポンとタイムリーが
出るのが実に羨ましいねえ。

というか、小谷野が以前語っていたように
「チャンスの方が配球を読み易い」のだろう。

つまり、捕手の考えが「マルッとお見通し」なんだろうね。

マッチはホントにチャンスなんだから、経験を糧に
相手を上回る観察眼と洞察力を身につけるべく、
進歩して行って欲しいものだ。

いや、これはマッチに限らず、千葉ロッテの捕手全員に
言える事だけれどね。(^^;)

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。