2011年08月03日

斉藤佑樹は打てず(>_<)、でも「トンネル」と「お見合い」で逆転勝ち(北海道日本ハムF 2-3 千葉ロッテM)

北海道日本ハムファイターズ 2-3 千葉ロッテマリーンズ

貧打に喘ぐ両チームの戦いは、ロースコアの接戦となった。

チャンスを作っても、たかがルーキーの術中にハマって、
ひっかけたゴロを打ち、得点できない「実に情けない」
千葉ロッテ打線。

良い当たりを打たれてもヒットをアウトにする
鉄壁の「千葉ロッテの」外野守備を破れない日ハム打線。

先に失点したのは、成瀬の方だった。

西村監督の趣味により、外野は守備力重視でメンバーを
選ぶが、センターラインの内野の要であるショートの
扱いは軽く、レギュラーを固定する事無く、
とっかえひっかえ使っている。

6回先頭のスケールズのショートライナーを、
根元が軽卒なプレーでなぜか後ろへ逸らし、無死1塁となった。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月01日

「〜たら」・「〜れば」しか言えない完敗(千葉ロッテM 0-2 東北楽天E)

千葉ロッテマリーンズ 0-2 東北楽天ゴールデンイーグルス

やっぱり、田中まー君に勝つには、0−0で9回まで
いくしかなかったね。

いや3回の、高めに入って来た失投の変化球を打った、
井口の打球が2ランHRになってい「たら」、勝機があった。

小野晋吾も4回以外は素晴らしかっただけに、実に惜しかった。

先頭の聖澤を、塁に出しさえしなけ「れば」、
内村のバント処理で、アウトにできてい「れば」、
勝機があったかも知れないね。

しかし、「たら」「れば」は、いくら言っても何にもなりません。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。