2011年06月27日

ユニと捕手を代えて流れを変える(千葉ロッテM 3-2 オリックスB)

千葉ロッテマリーンズ 3-2 オリックスバファローズ

気分を変えるためにユニを替えてきたと思ったら、
オールドユニホームシリーズの2戦目の日だったのね。

ついでに?捕手も里崎から的場へ代えた。

これは、まったく同じような展開で連敗していただけに、
捕手を代えてみようというのは良い判断だったと思う。

立ち上がりはどうなる事かと思った俊介だったが、
バッテリーが良く崩れずに我慢してくれた。

序盤は、打席で粘ってしぶとく球数を投げさせる
オリックス打線に、1回23球、2回21球、3回17球と
3回までに61球を費やしたが、リズムを掴んでからは
ランナーを出さなくなって、7回を112球で投げきった。

7回先頭の北川の1、2塁間での故障発生により2ベースが、
単打になって、さらに代走の森山の盗塁を的場が刺したのが、
大きかった。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。