2011年06月15日

代打、金泰均が決勝犠飛!総力戦で接戦を制す(読売G 1-2 千葉ロッテM)

読売ジャイアンツ 1-2 千葉ロッテマリーンズ

怪我人が多く出て、若手にチャンスを与えるものの
結果がなかなか出ない。
なんとか投手陣の踏ん張りでゲームは作るが、
勝ち切るまでは、なかなか行かない。

お互い、良く似たチーム状態同士の対戦となった読売戦は、
星勘定というよりも、やっと浮上し始めた流れを、
止めたくない試合だった。

先発は読売グライシンガーと千葉ロッテは大谷。
アマチュア用サイズの東京ドームは、社会人時代に
慣れているマウンド。

初回に、先頭の亀井にいきなりセーフティバントを
決められるが、一番怖い坂本がバントをしてくれる、
有り難い采配で一死をもらって、小笠原をレフトフライ。

ラミレスの打球は角度は良かったが詰まったレフトフライ。
しかし狭い左中間ではフェンスに直接当たってしまって
不運な?でも、去年のボールなら2ランドームランだった
2ベースで1点を先制された。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。