2011年06月12日

若者同士が対決した接戦を伊志嶺の3ランで制す(千葉ロッテM 5-2 広島東洋C)

千葉ロッテマリーンズ 5-2 広島東洋カープ

千葉ロッテの先発は高卒プロ4年目の唐川。
広島の先発は大卒ルーキーの福井。

唐川は福井より歳は2つ下だが、高卒から
プロでやって来た経験値の高さを、
アマチュアからプロ入りしたばかりのルーキーに
見せつけて欲しいところだ。

千葉ロッテは、初回に岡田がストレートの四球を選ぶ。

2番の伊志嶺はバントの構え。

「バントなんか、やめてくれ〜!」という、
私の願いが通じたか(^^;)、低いボールを
捕手石原がミットの土手に当てて大きく弾き、
一走Y岡田が一気に3塁へ進んだ。

一死と引き換えに、得点のためには、
まだヒットが必要な2塁へしか進められないのに、
安易に「バント」はホントに止めて欲しい。
(今日に関してはフェイクだけだったかも
知れないけどね^^;)

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。