2011年06月11日

機動力勝負で勝ち、「4番・大松」が爆発し連敗ストップ(千葉ロッテM 10-1 広島東洋C)

千葉ロッテマリーンズ 10-1 広島東洋カープ

広島カープは、前日に埼玉西武のルーキーサブマリン、
牧田に3バントスクイズ!の1点に抑えられていた。

今日の先発の渡辺俊介の前に下手投げの予行演習されて、
「嫌な感じ」と思っていたが「案ずるより産むが易し」、
サブマリンがいないセリーグのチームということもあり
明らかに俊介の術中に嵌ってくれた。

初回こそ、丸に対し、追い込みながら甘く入った球を、
ライト線へ2ベースを打たれたが、
なんと!2アウトなのに三盗を敢行!

この日スタメンの的場を揺さぶろうということなのか、
よく狙いがわからん奇襲だったが、的場が刺して
あっさりチェンジとなった。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。