2011年06月09日

ガチガチ対決で吉見が暴投して自滅(千葉ロッテM 3-6 阪神T)

千葉ロッテマリーンズ 3-6 阪神タイガース

1試合目にしてQVCマリンフィールド4連勝の野望は、
潰えてしまった。(>_<)

この試合のポイントは0−2で迎えた2回表。
(初回はええんか?^^;)

先発の吉見は、一死から3連打を浴びるものの、
まだ失点していない満塁の状態。

ここで平野を浅いセンターフライに打ち取って、
二死までこぎ着けた。

初回に狙っていたはずのスライダーを打ち損じていた鳥谷は、
「もし、ここで凡打して得点できなかったらマズイ」
と思って緊張していたはず。

もし無失点で切り抜けられれば、阪神の方に、
暗くて黒い雲が立ちこめたと思う。

しかし2ボール2ストライクの平行カウントから、
吉見が力みかえって投げたボールがワンバウンドして、
里崎が大きく横へ弾き、自ら、相手を救う追加点を
プレゼントしてしまった。(>_<)
(よくあることだが^^;)

これで気が楽になった鳥谷が打った打球は、
きれいに左中間を破って、2点タイムリー3ベースとなり
この試合の勝負が決した。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。