2011年06月05日

「完全な負けゲーム」を狭い球場とフォローの風と金泰均の「一発狙い」のお陰で逆転勝ち(横浜BS 5-6 千葉ロッテM)

横浜ベイスターズ 5-6 千葉ロッテマリーンズ

野球には、こんな事もあるんだよねえ。

横浜ベイスターズの関係者とファンの方々には、
誠に申し訳ないけれど、「あれ?あれで入っちゃった」,
そののち万歳三唱の、歓喜の逆転3ランだった。

この試合では、懲罰なのか、休養なのか解らんが、
ショートの高濱とライトの伊志嶺を下げ、
塀内と南竜介がスタメンで起用された。

私に言わせれば、変えるべきは「幹」である4番であって、
そんな「枝葉の部分」を変えても、なんの変化もないことだ。

初回に、性懲りも無く(^^;)、でもバントイップス?を
完全に克服した塀内が、ヒットの岡田をバントで送ると、
初回ということもあって、高崎ー細山田のバッテリーが
井口と勝負してくれてタイムリー2ベース、
金泰均は四球を選んで、二死後に大松にもタイムリーと、
さい先良く2点を先制した。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 09:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。