2011年05月31日

貧打+無策と堅守でバランスをとって引き分け(千葉ロッテM 2-2 読売G)

千葉ロッテマリーンズ 2-2 読売ジャイアンツ

試合途中雨でノーゲームとなった日曜日と、
投手を含めて全く同じオーダーで臨んだ千葉ロッテ。

お家の事情とはいえ、前日に先発で35球投げていたのに
この日もよく投げてくれた俊介には、頭が下がる。

坂本の不意打ちのような先頭打者弾と、西村さんと違って、
貧打なりに得点するために出来る策をうってくる原さんの、
バスターエンドランからの犠牲フライの2点に抑えてくれた。

清田や伊志嶺のナイスキャッチや、9回無死1、3塁からの
3塁ランナーを動かさないでショートゴロゲッツーにした
高口など、堅守で耐えることはできたが、いかんせん、
攻撃がサッパリ。

日曜日に細谷と角中を下げ、大松と青野を上げたが、
自ら「起爆剤となる」と語った不調のまま昇格した大松が、
初回、押し出しと里崎のタイムリーで逆転した後の
満塁のチャンスでゲッツー!(>_<)

楽天的な観測は、現実の前には無力だった。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。