2011年05月27日

レフトへ打たせないリードにわずか4安打(阪神T 1-4 千葉ロッテM)

阪神タイガース 1-4 千葉ロッテマリーンズ

試合自体は、エース成瀬の登板日ということもあり、
初回の「エラー、エラー、3ラン」でアッサリ決まった、
勝っただけの意味しかない、内容的にもツマラナイ試合。

阪神先発の岩田が、岡田の足に関本が焦ったのと、
自らの悪送球で招いた無死1、2塁のピンチで、
動揺したところを、井口さ〜んが軽く打った打球が、
距離的に近いレフトスタンドへの3ラン!

4番に里崎という「4番からすでに下位打線」を
構成していたので、「3番井口だけ」の打線。

最初のチャンスでよくぞ、打ってくれましたm(_._)m。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 07:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。