2011年05月16日

ビハインド時に機動力をどう使うのか(千葉ロッテM 1-5 東北楽天E)

千葉ロッテマリーンズ 1-5 東北楽天ゴールデンイーグルス

試合は、「悪い」を越えて「酷い俊介の日」vs
「初回にラズナーが故障発生」で、打ち合いになるかと
思われたが、緊急登板の小山を崩せず、
あっさりと完敗してしまった。

2回以降は「内容が無いよう」な試合となったお陰で、
千葉ロッテの選手構成上の問題点が見えたと思う。

初回に関しては、上手く行ったのだ。

ラズナーの動きが鈍いところを狙った伊志嶺のバントヒット。
「走るぞ」と、盗塁のプレッシャーをかけて、
ストレートを多く使わせて、井口が狙い撃ち。

レフトが捕り損ねた2ベースで、1塁から長駆ホームイン。

どうやら、最初のバント処理から足を痛めて、
井口に相対するうちに悪化させたらしい。
「機動力野球」の”恐るべき威力”が功を奏した。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。