2011年05月04日

伊志嶺スタメン今岡ファーストで刺激的なゲーム(埼玉西武L 2-8 千葉ロッテM)

埼玉西武ライオンズ 2-8 千葉ロッテマリーンズ

今季の西村監督はオーダーをよく変える。

左腕の石井一久に対して、DHにサブロー。
外野はレフトから、ルーキー伊志嶺、センター岡田、
ライト清田の両翼に強肩、俊足揃いの布陣を敷いた。

最初から外野は守備固め状態の堅さに対し、
ファーストに、なんとビックリ今岡。

捕球まではゴールデングラブ賞級の広い守備範囲ながら、
送球に大いに難アリのショート荻野貴司にとっては、
守備に不安のある今岡というのは、厳しい条件だ。

ファーストに名手を置こうとしないのは、
実戦の中で、厳しく荻野の送球を鍛えようという、
監督の親心なのか(^^;)。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。