2011年04月17日

左打者が左投手を打って逆転勝ち(北海道日本ハムF 6-7 千葉ロッテM)

北海道日本ハムファイターズ 6-7 千葉ロッテマリーンズ

先発はケッペル vs 渡辺俊介。

初回、荻野の盗塁でエラーを誘って一死3塁から、
二死後、金泰均の内野安打で先制したものの、
その裏、渡辺俊介が立ち上がりでつかまってしまった。

一死から四球、糸井との間でエンドランを決められ、
1、3塁をつくられると、4番小谷野に犠牲フライを
打たれて同点にされると、糸井が盗塁して、
稲葉がタイムリー2ベース。

そして、下手投げを打った事がないであろうホフパワーが、
ライトポール直撃の2ランを放ち、
すかさず、ソツなく、あっという間に1−4と逆転された。

続く2回にも一死2塁から前進守備をしていた大松が、
田中の飛球に頭を越されてタイムリー3塁打としてしまい、
1−5と、この日も拙い試合展開になってしまった。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。