2011年04月15日

値千金の福浦同点2ラン、トリプルタッチアップで逆転勝利(千葉ロッテM 5-2 東北楽天E)

千葉ロッテマリーンズ 5-2 東北楽天ゴールデンイーグルス

本拠地での開幕カードで3連敗だけは避けなければ
ならなかった千葉ロッテだったのだが、
試合は東北楽天ペースで始まった。

初回にバッテリーエラーであっさり先制を許すと、
4回には、張り替えたばかりの人工芝の、
「打球が死ぬ」特性を活かされ、
無死1塁から連続バント内野安打に、
今江の送球エラーが絡んで追加点を穫られた。

この攻撃のキーマンは2番の聖澤。

守備でも2回にダイビングキャッチで、
今江のヒットを阻止するなど活躍し、
初回はバントを失敗したが、それを取り返す盗塁を決める。
3回にはバント安打でチャンスを広げるなど、
千葉ロッテの昨年の荻野貴司のような役回りをされ、
千葉ロッテの「天敵」がまた増えた印象だ。

続きを読む
posted by ばかぼん父 at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。